シェアして頂けると嬉しいです!

より正確なiPhoneSEの水没・衝撃・落下・折り曲げ実験の様子が動画で公開される

iPhoneSEを水没させたり、あらゆる角度から衝撃を与えたり、落下させたり、強い力を与えて折り曲げると、iPhoneがどうなってしまうかを検証する正確な実験が行われています。

iPhone6sやiPhone6s Plusも実験の対象となっているので、それぞれの実験結果を比較できるようになっています。

スポンサーリンク

水没実験

iPhoneSEやiPhone6s / 6s Plusを、それぞれ水深約1.5メートルまで沈めた場合にどうなるかを検証する実験が行われています。

iphone-submerge_test

iPhoneSEは沈めてから1分もしないうちにスクリーンが暗くなってしまった一方、iPhone6s Plusは10分程度持っています。iPhone6sは沈めてから30分で音楽再生のみが動作しなくなったということです。

ある程度深いところまで沈んでしまうと、さすがに長時間は持たないようですね。

衝撃を与える実験

衝撃を与える実験では、大きな箱にiPhoneを入れた状態で箱を回転させて衝撃を与え、端末にどれだけ影響するかが検証されています。

iphone-impact_test

その結果、スクリーンが小さめのiPhoneSEはエッジ部分に細かいキズがついた程度ですが、スクリーンが大きめのiPhone6s Plusは画面にヒビが入ってしまっています。iPhone6sは特に問題ないようです。

落下実験

落下実験では、iPhoneの画面を下にした状態や端末の角を下にした状態で、約1.8メートルの高さからiPhoneを落下させ、端末にどれだけ影響するかが検証されています。

iphone-fall_test

画面を下にした状態で落下させた場合は、いずれのiPhoneでも画面にヒビが入ってしまいました。

一方、端末の角を下にした状態で落下させた場合は、iPhoneSEは画面まで割れてしまう上に、前面部分が外れかけてしまうなど、かなり激しく破損しました。

それに対して、iPhone6sやiPhone6s Plusは、エッジ部分に傷がついた程度です。iPhone6s / 6s Plusには、7000シリーズのアルミニウムが採用されかなり強度化されていることから、その点も関係してそうですね。

折り曲げ実験

最後に、機械での折り曲げ実験も行われています。

iphone-bend_test

iPhoneSEは約72キログラム(160ポンド)の負荷をかけた時点で折れ曲がったのに対して、iPhone6sでは約77キログラム(170ポンド)、iPhone6s Plus(180ポンド)では約81キログラムの負荷をかけた時点で折れ曲がったということです。

Even with the thicker body , the iPhone SE bent the hundred and sixty ponds of pressure and 10 ponds less in the 6s and 20 ponds less is the 6s plus.

160ポンドで曲がるということは、体重をかけてやっと曲がるという感じですね。

折り曲げ実験では、小さめで太めであるiPhoneSEが最も強いと思っていましたが、意外にもスクリーンが大きめで薄めであるiPhone6s Plusの強度が高いことが判明しました。

どうやら端末の形というよりも、端末に使われている素材の強度が大きく関係してくるようですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です