シェアして頂けると嬉しいです!

Apple、iPhoneがロック状態でも連絡先や写真を閲覧できるという脆弱性を修正

iphone-lock_screen

先日iPhoneをロックした状態でも連絡先や写真を閲覧できてしまうという脆弱性がiOS9.3.1に発見されましたが、アップル社は直ちにその脆弱性を修正したということです。

スポンサーリンク

同じ方法を行うとパスコードが要求される

先日リリースされたiOS9.3.1に、iPhoneをロックした状態でもSiriやTwitter、3D Touchを使えばiPhone内に保存された連絡先や写真を閲覧できてしまうという脆弱性があることが発見されましたが、アップル社は直ちにその脆弱性を修正しました。

9to5Macが報じています。

Apple fixes Siri passcode bypass flaw and Night Shift + Low Power Mode trick

現在では、Siriに「Twitterでメールアドレス検索」と話しかけても、Twitterでの検索結果は表示されずに、パスコードの入力を求められてしまいます。

ios9.3.1-privacy8 ios9.3.1-privacy9

これで一安心ですね。

ロック状態でSiriを使えるようにしても大丈夫?

iPhoneがロックされた状態だとSiriを利用できないように設定していたユーザーは、設定を元に戻しても大丈夫でしょう。

もっとも、以前も似たような方法でロック状態のiPhoneの連絡先や写真を盗み見ることができるという脆弱性がiOS9で発見され、その後修正されたという経緯があるので、今後も似たような方法が発見される可能性がないとも言い切れません。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です