シェアして頂けると嬉しいです!

Amazonが配送料を改定 購入金額が2,000円を下回る場合は350円の送料が発生

Amazonは、プライム会員でないユーザーへの発送にかかる配送料の改定を行い、今後は、購入金額が2,000円(税込)に満たない場合は350円の送料がかかるということです。

スポンサーリンク

手数料やAmazonギフト券の額はカウントされず

購入金額が2,000円以上であれば送料は無料となりますが、ギフトラッピング費などの手数料やAmazonギフト券の金額はその際の計算から除外されてしまうので注意が必要です。

Amazon.co.jpが発送する商品のご注文金額(ギフトラッピング費など手数料およびAmazonギフト券を除いた商品小計)が2,000円(税込)以上の場合は通常配送料は無料ですが、満たない場合には配送料として350円がかかります。

引用元:Amazon – ヘルプ&カスタマーサービス 配送料について

また、一度に複数の配送先を指定した場合は、一箇所の配送先につき合計額が2,000円以上であれば送料が無料になるということです。さらに、商品をキャンセルした場合の対応などについても書かれていますので、気になる方はリンク先をチェックしてみてください。

なお、今回の改定はAmazonプライム会員には適用されませんので、会員の方はご安心ください。

といっても、他のネットショップよりはマシ

ネット販売において早い段階から送料無料サービスを開始し、大きく成長してきたAmazonですが、今回の改定により、送料無料サービスが事実上廃止された形になります。

これまでも商品によっては「あわせ買い」といった条件が設けられている場合があったものの、全ての商品にまでは条件が指定されていなかったので、今回の改定について残念に思っているユーザーは多いかもしれません。

もっとも、ネットショッピングをしている方であればお気づきだと思いますが、多くの場合は送料が無料となる購入金額として5,000円以上や10,000円以上と設定されていることから、それに比べれば現状でもAmazonの条件はかなり良い方ではないかと思います。

しかも、3,900円(税込)の年会費(325円/月)がかかるものの、プライム・ビデオが見放題のAmazonプライム会員にさえなれば、引き続き送料無料サービスを受けることができます。

最近のAmazonは、プライム会員数を増やすことを大きな目標にしているようですが、今回の改定により、配送コストを削減することも考えている可能性もありますね。

というのも、無条件で送料無料にしてしまうと、可能な限りまとめて注文しようという意識が働かなくなり、欲しくなったらその都度注文するようなユーザーも出てくるでしょうし、既にこれだけAmazonが知られていることからすると、無条件で送料無料サービスを提供する意義もあまり大きくはないでしょう。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です