シェアして頂けると嬉しいです!

Safariでよく使うWebページのタブを固定する方法

今回は、Safariでタブを固定する方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

よく使うWebページを削除してしまうと面倒

Safariで複数のWebページを閲覧していると、開いているタブが多くなりすぎて窮屈に感じてタブを整理していると、誤って常に利用するWebページのタブまで削除してしまい、面倒な思いをしてしまうこともあるでしょう。

そこで、よく使うWebページはクリックしただけでは削除されないように固定しておくと良いでしょう。

タブを固定する方法

Safariでタブを固定するためには、固定したいタブにカーソルを合わせた状態でタブルタップ(Wndowsでは右クリック?)して「タブを固定」を選択すればOKです。

safari-how_to_fix_tags1

固定されたタブは左側に小さくまとめてストックされていきます。タブのサイズもコンパクトになるので、非常にスッキリしますよ。

safari-how_to_fix_tags2

GoogleやTwitter、Gmail、Youtubeなど普段良く使うページに関しては、タブを固定して左側にまとめておくと普段の作業が捗るでしょう。

以上、ご活用ください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です