シェアして頂けると嬉しいです!

将来、キーボードのないMacBookが登場するか Appleが新特許を取得

最近アップル社が取得した新特許の情報から、将来、アップル社からキーボードのないMacBookが登場する可能性が浮上しています。

An Apple patent reveals a new type of laptop where the keyboard is replaced by one giant touchpad.

引用元:Typing on a MacBook Could Soon Be as Awful as Typing on an iPad

apple-new_patent_macbook_keyboard_abolition
(C)GIZMODO

スポンサーリンク

搭載されるのは巨大なトラックパッド?

従来のキーボードが廃止される代わりに、圧力や触覚などに細やかに反応する巨大なトラックパッドが搭載される可能性があるということです。

There would be no keys that move on the surface of the laptop, and because the surface is pressure-sensitive, it could identify your fingers and send haptic feedback as you type.

この巨大なトラックパッドが搭載されることにより、入力を自由にカスタマイズすることができるようになると期待されています。

ソフトウェアに応じた入力作業が可能となる

Macbookのキーボードにはスペースの関係でテンキーがついていないので、電卓を利用する際はあまり速く入力することはできませんが、トラックパッドであれば電卓を使用する際はテンキーでの入力に切り替え、不要になったら通常のキーボードに戻すといったことも可能となります。

さらに、画像を編集する際は、画像編集に使うトラックパッドのスペースを広くすることもできるようになるということです。

要するに、現行のようにキーボードの形が固定されないので、様々なソフトウェアに合った入力をトラックパッド上で行うことができ、これまで以上に入力作業がスムーズになるというわけです。

もっとも、タイプ作業はトラックパッド上で行うので、入力する際の感触は、iPadのタッチスクリーン(画面上に出てくるキーボード)で入力しているのに近い感じになると思われます。やったことある方は既に実感していると思いますが、iPadのタッチスクリーンはものすごく入力しづらいですよね。

通常の場合、タイプ作業はキーボードを見ないで行うでしょうから、入力作業の際は「触感」はかなり重要な役割を果たしているでしょう。すなわち、この触感により、各キーボードの位置関係や押しているかどうかを素早く認識でき、素早い入力に繋がっていると考えられます。

トラックパッドだとそれが難しいような気がするのですが、アップル社がどのようなトラックパッドを搭載するかが気になるところです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です