シェアして頂けると嬉しいです!

入力作業が捗る!これだけは知っておきたい裏技まとめ

iphone-keyboard6

iPhoneやiPadで入力作業をしていて、「入力ミスを素早く修正したい」「作成中の文章を一括で削除したい」「間違えて削除してしまった文章を復活させたい」「大文字を連続で入力したい」「カギカッコの入力はどこでできるの?」などと思うことがあるかと思います。

今回は、これらの作業をよりスムーズにする裏技をまとめました。

スポンサーリンク

間違えたら、端末を振ればOK!

作業をリセットする

例えば、メモアプリでこういった文章を作成している時に、全部削除して書き直したいと思ったとします。単純にDeleteキーを長押ししても全てを削除することはできますが、少々時間がかかり面倒です。

そこで、端末を振ると「取り消す – 入力」というメッセージが出てくるので、ここで「取消」をタップすると、これまで作成した全ての文章が削除されます。

ios-memo_apps-cancel_and_redo1 ios-memo_apps-cancel_and_redo2

リセットした作業を復元する

一度作業をリセットしてみたものの、やはり最初に作成した文章が良かったと思うこともあるでしょう。そういった時も、端末を振ります。

すると、「やり直す – 入力」というメッセージが表示されるので、「やり直す」をタップすると、削除してしまった文章が復活します。

ios-memo_apps-cancel_and_redo3 ios-memo_apps-cancel_and_redo4

この方法をGmailアプリやLINEで試したところ、これらのアプリでも問題なく使えました。

iPadだと振るのが大変だけど、一応できる

iPadでも同様の操作をしてみたところ、iPhoneと同じように作業のリセット・復元を行うことができました。

ios-memo_apps-cancel_and_redo5 ios-memo_apps-cancel_and_redo6

もっとも、iPadはiPhoneに比べて大きいので、振る時は机などにぶつけないように気をつけましょう(`・ω・′  )

あと、シェイク機能をOFFにするためには、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「シェイクで取り消し」をタップして「シェイクで取り消し」をOFFにすればOKです。

修正入力をスムーズにする再変換機能を活用する

入力を始めると変換の候補が表示されますが、間違って違う候補を選んでしまうこともあると思います。例えば、「今日は、ハーゲンダッツを食べた。」と入力するつもりが、「今日はバーゲン」と入力してしまったとします。

iphone-entry_task_tricks1

選択した変換の候補を間違えても、10秒以内に画面をタップし「選択」をタップすれば、再度変換候補を選び直すことができます。入力の修正は一切不要です!

iphone-entry_task_tricks2

大文字を連続入力する

「設定」→「一般」→「キーボード」の「自動大文字入力」をONにしている場合は、英文字入力をする際に頭文字だけ自動的に大文字にしてくれます。

iphone-entry_task_tricks3 iphone-entry_task_tricks4

ただ、頭文字だけでなく全ての文字を大文字にしたいことがあるかと思います。その場合は、矢印のマークを連続2回タップして、このマークの矢印にします。矢印が上に進んでいる感じのマークですね(・ω・)

この状態で英文字を入力していくと、連続して大文字を入力することができます。

iphone-entry_task_tricks5 iphone-entry_task_tricks6

面倒なカギカッコもササッと入力!

普段iPhoneで入力作業をしていて、カギカッコはどこで入力できるかが気になった方もいるかと思います。私も初めはどこで入力するか分からず辞書登録で対応していたのですが、実は「や」のキーで入力することができます。

このようにフリック入力モードにした状態で「や」のキーを長押しすると、カギカッコ(「」)が表示されるので、左右いずれかにフリックすれば入力できます。

iphone-entry_task_tricks7

アドレスのドメインも楽々入力!

普段からアクセスしたことのあるサイトのアドレスであれば、初めの数文字を入力し「確定」をタップするだけでアクセスできますが、初めてアクセスするサイトのドメインの入力は面倒ですよね。

その場合は、キーボードの「 . 」を長押しすると、主要なドメインのメニューが表示されるので、ここから入力したいドメインを選択するだけで入力できます。

iphone-entry_task_tricks8 iphone-entry_task_tricks9

以上、入力作業が捗る裏技について書きましたが、これだけでも入力作業の速さがかなり違ってくると思うので活用してみてください(`・ω・′  )

他にも、3D Touchを活用して入力作業をスムーズにする方法について書いていますので、気になる方はチェックしてみてください。

知っておいても損はない!?iPhone6sがめっちゃ使いやすくなる3D Touchの活用方法まとめ

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です