シェアして頂けると嬉しいです!

熊本地震対策 スマホで連絡を取りバッテリーを持続させる方法

熊本県で最大震度7の地震が発生しました。お店の商品が崩れ落ちたり火災が発生したりと被害の状況が明らかになっていますが、何より気になるのは現地の家族や友人の安否確認です。災害時の連絡方法と、バッテリーをいかに長持ちさせるかについて解説します。

また、テレビで情報を確認できない方は下記のNHKサイトでストリーミング配信でニュースを確認できます。

熊本地震テレビニュース同時提供中(NHK NEWS WEB)

スポンサーリンク

電話はしないこと。まず繋がりません!

今回の地震で言えば、熊本の家族や友人の安否確認で日本中の人が熊本へ電話をかけ、熊本の人はまた日本全国の家族に無事の連絡をしようと電話をかけますが、回線がパンクして通話はほぼ不可能かと思います。電話をしても無駄にバッテリーを食うだけですのでやめましょう

連絡はfacebook・Twitter・LINEで済ませる

通話回線はパンクしていますが、ネット回線自体は生きていることが多いため、Twitter・Facebookに「無事です」の投稿をしておけばそれだけ直接の安否確認が減るため回線はパンクしなくなりますし、直接連絡を取る場合もLINE・Skypeなどのネット回線を利用したコミュニケーションツールを利用すれば電話回線のようにパンクしません。

スマホはできるだけいじらない

スマホはとにかくバッテリーの消耗が激しいのでできるだけいじらないことです。SNSに家族の無事を投稿し、あとは状況が落ち着くまでしばらくスマホは触らずバッテリーを温存しておきましょう。もしバッテリーがあと僅かであれば、緊急の連絡や情報収集に使えるように電源を切っておくのも手です。

電源を切れない状況でバッテリーも心配な時は、facebookやTwitterなどの電池を消耗させるアプリを削除しましょう。そしてWi-Fi・Bluetooth・位置情報サービスはOFFにし、音量は最低、液晶の明るさは最低にしておきましょう。

docomo/au/Softbankなら安否確認サービスを利用

各キャリアでは安否確認のための伝言板や音声お届けサービスを行っていますので、連絡が取れない場合はサービスを利用することをおすすめします。

au

au 災害用伝言板

災害用伝言板に電話番号を入力して検索すると、伝言がある場合に表示されます。

pic-ausaigaidengon1

無い場合はこのように表示されます。

pic-ausaigaidengon2

au 災害用音声お届けサービス(解説ページ)

30秒間の音声を録音できます。音声を受信するとポップアップで表示されるため災害用伝言板より気が付きやすいかと思います。

docomo

docomo 災害用伝言板

auと同等のサービスですが名前でも検索できます。

 pic-docomosaigaidengonban

docomo 災害用音声お届けサービス(解説ページ)

音声を登録しておくと送信相手に音声データの受信がSMSで通知されます。

Softbank

Softbank 災害用伝言板

こちらもau・docomoと同等の安否確認サービスでテキストメッセージを登録できます。

pic-softbanksaigaidengonban

Softbank 災害時音声お届けサービス

音声メッセージを録音すると相手にSMSで通知され、相手がSMSを確認すると発信者に相手が確認したことを知らせるSMSが届きます。

GoogleパーソンファインダーやJ-anpiを利用する

Googleパーソンファインダーは氏名で安否情報を登録することができ、確認もできます。パーソンファインダーに安否情報を登録すればJ-anpiにも情報が同時に登録される仕組みです。

pic-google-person-finder
出典:Googleパーソンファインダー 日本

J-anpi 安否情報まとめて検索は、氏名と電話番号で検索ができます。

pic-janpi-website
出典:J-anpi 安否情報まとめて検索

それほど登録数が多くなく普及しているわけではありませんが、普段から災害時は利用するように家族間で話し合っておくと安否確認に使えるかと思います。

その他

スマホは緊急時に緊急通報に使えますので、できるだけ電池切れのないよう計画を立てて使用するほうが良いでしょう。

また、地震のあとは火災の二次災害で命を落とす例もありますので、就寝時には十分ご注意下さい。他にも注意すべき点を列挙します。

  • 少なくとも初日はガス栓を締め、ブレーカーを落として寝る。ガス漏れによる爆発や漏電による火災を防止できます。
  • エレベーターは使わないこと。中に閉じ込められる危険性があります。
  • 一人で寝ないこと。万が一火災が発生した際に逃げられるよう、複数人で気づける体制をとっておくことが重要です。
  • 車で道路に出ないこと。復旧のための緊急車両の通行が最優先です。
  • 電話はしないこと。本当に必要な人のために回線をゆずりましょう。連絡はLINEやSNSで行いましょう。
スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です