シェアして頂けると嬉しいです!

FREETELがWダブル0円スタートプラン開始 毎月1GBデータ通信無料・端末代初回支払0円

FREETELが、PREMIUM補償とセットで端末とSIMを契約した場合、スマホ・SIM・PREMIUM補償の購入時の支払いを0円とする「ダブル0円スタートプラン」を開始しています。

freetel-double_0yen_start_plan1
(C)FREETEL

1GB分データ通信利用料が無料となる上に、購入時に支払うスマホ代金が0円となっていることから、「ダブル0円」というわけです。

スマホに関しては、購入時に支払う代金が0円というだけで、当然スマホ代金自体はかかってきます。

スポンサーリンク

1GB分のデータ通信無料!スマホは1,200円/月からGET

SIMに関しては1GB分のデータ通信利用料が1年間無料となるので、データ通信利用量に応じた料金はその分だけ安くなっています。

freetel-double_0yen_start_plan3
(C)FREETEL

もっともFREETELのSIMは、データ通信利用量に応じて料金が決まってくる従量課金制となっていますので、利用の際には注意が必要です。

一方、スマホに関しては、2つのラインナップが用意されています。SAMURAI KIWAMIが月々1,700円(24ヶ月分)で、総額40,800円で販売されており、なんと通常よりも10,819円お得となっています。

2つ折り端末として話題を集めているMUSASHIが月々1,200円(24ヶ月分)で、総額28,800円で販売されており、通常よりも5,659円お得です。

PREMIUM補償って何?

PREMIUM補償とは、故障だけでなく、紛失・盗難時の際に特別価格で良品交換ができるというオプションで、特定の理由でスマホが破損した場合は、自己責任によるものでも交換対象となっています(詳しくはPREMIUM補償を参照)。

まとめ

FREETELの端末セット購入にはiPhoneやZenFoneなどのメジャー端末がなく、MUSASHI・KIWAMI・MIYABI・Priori 3/3S LTE・KATANA 01/02の5種類の端末が対象となっています。iPhoneを使いたい層やAndroidでもZenFoneやXperiaなど特定端末を使いたいという層にはあまりお買い得ではありません。

一方、キャリアの通信料は高いけど端末を購入する代金はないという層にはお得感あるプラントいえます。端末代が割賦でさらに初回の支払いが0円であれば、乗り換え費用分は初回の支払額が低いことでカバーできますし、MVNOへの移行をして端末代を貯金することも可能です。端末自体はお世辞にも優れているとはいえませんが、FREETELを1〜2年間使ってお金を貯めてからZenFoneやiPhone SEを買うという方法もあります。とりあえずあまりお金はないけどMVNOに移行したい!という方は詳しくチェックしてみてください(`・ω・′  )

Wダブル0円スタートプラン

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です