シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7sは有機ELディスプレイとなり、表面はガラス製となる可能性が浮上

2017年に発売予定であろうiPhone7sには、有機ELディスプレイが採用され、表面は全面ガラス製となる可能性が浮上しています。

スポンサーリンク

有機ELディスプレイ採用で、全面ガラス製に!?

アップル製品に関するアナリストとして信頼性のあるKGI証券のMing-Chi Kuo氏が新しいレポートを発表し、2017年に発売されるであろうiPhone7sでは、有機ELディスプレイが採用される上に、表面はアルミ製から全面ガラス製に変更されると予測しています。

In a new report by KGI’s Ming-Chi Kuo, the reliable Apple analyst claims that the iPhone will be seeing a major redesign in 2017, dropping the iconic aluminum casing for an all-glass enclosure with AMOLED screen.

引用元:KGI: Apple to drop aluminum iPhone casing in 2017 in favor of new ‘all glass’ enclosure with AMOLED screen

ガラス製になるとすると、強度的には今より割れやすくなるでしょうから、アップル社がその辺をどう解決するかが気になるところですね。

大幅なデザイン変更は7sにズレ込むか?

Ming-Chi Kuo氏は、3月下旬頃も同様の予測を発表しており、その中では、外観の材質の候補としてはガラス製・プラスティック製・セラミック製が挙がっており、ガラス製になる可能性が高いという予測にとどめていましたが、今回ははっきりガラス製と明言しています。

2017年には有機ELディスプレイを採用した5.8インチのiPhoneが登場!?

あれから1ヶ月近く経っている現時点でもこれだけ予測にブレがないことからすると、Kuo氏には一定の確信があるものと思われます。

ただ、iPhoneではモデルナンバーが変わるごとに大きなデザイン変更が行われてきたという、これまでの動きからすると、iPhone7で大きなデザイン変更が行われそうですが、これまでのiPhone7に関するリーク情報からすると際立ったデザイン変更は見受けられません。

とすると、大きなデザイン変更は7sにズレ込むという可能性も考えられるでしょう。

もっとも、Kuo氏は、iPhoneの表面が全面ガラスになると言っているのみで、具体的なデザインに関しては言及していないので、実際にiPhone7sがどのようになるのかについてははっきりと掴めていない状況です。

今後も続報に注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です