シェアして頂けると嬉しいです!

2016年モデルの新型Macbook発表 バッテリー10時間・Skylake搭載でGPUグレードアップ

2016年モデルのMacbookがAppleストアに登場して話題になっています。Early2015と比較して外観はローズゴールドが追加され、サイズや重量は変わらず、CPU・GPU・メモリが若干変更、バッテリー持続時間の微増とマイナーチェンジにとどまりました。

スポンサーリンク

カラーは4色

pic-macbook-2016-4color
出典 Macbook by Apple

カラーはスペースグレイ・シルバー・ゴールドにローズゴールドが追加され、iPhone 6s や SE と同じカラーラインナップとなりました。

バッテリー持続時間

ネット閲覧使用でバッテリー最大9時間→10時間へと改善しています。

ただ、Macbook12インチモデルはモバイルバッテリーとUSB-c用ケーブルがあれば外出先でも給電できるため、さほど大きな改善ではない印象です。13時間程度持てばモバイルバッテリーも不要になるかなといったところです。

GPU(グラフィック)

GPUは Intel HD Graphics 5300 → Intel HD Graphics 515 へとグレードアップしました。Early2015と比較して1.4倍ほどベンチマークスコア(PassMark)がアップしています。

大量のファイルのあるフォルダをFinderで開いてスクロールした際にMacbook Proと比較してカクつくことが多かった初代Macbookですが、2016年モデルでは改善されそうです。

CPU

CPUは Intel Skylake プロセッサとなり、性能1.1倍程度アップしています。とはいえ、Macbook Air や Macbook Pro に搭載されている Intel Core i3 / i5 よりは性能は劣るため用途によってはパワー不足感はありますね。エンジニアなどヘビーユースする層は今後も Macbook Air / Pro を選びそうです。

まとめ

Early2015のMacbook12インチは若干のパワー不足感がありましたので、同価格でやや改善された点は良かったんじゃないでしょうか。買い損ねた方は実売14万円程度に値下がり次第購入して良いのではないかと思います。発売から2ヶ月後位に価格下落が一段落してから買うのがオススメです

定価で税込16万円にほぼ購入必須なUSB-Cマルチポートアダプタが1万円程度するので17万円の出費になります。

USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A
アップル
売り上げランキング: 59,960

17万円も出してCore-mのPCを買うのもちょっと…という方は、Macbook AirのRetina版が出るまで実売14万円前後のMacbook Pro 13インチや実売10万円前後のMacbook Air 11インチで凌ぐのもアリなんじゃないでしょうか(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です