シェアして頂けると嬉しいです!

最新式のiPhoneが欲しい人は急げ!Apple、iPhoneの価格を大幅値下げ!

アップル社が、SIMフリーモデルのiPhone6s・iPhone6s plus・iPhone6・iPhone6 plus・iPhoneSEを値下げしています。

apple-iphone_se
(C)Apple

スポンサーリンク

値下げ幅は最大で1万円近く

値下げ後の価格は以下の通りです。モデルによっては、8,000〜9,000円値下げされているものもあります。

モデル ストレージ 価格
6s 16GB 78,800円
64GB 89,800円
128GB 101,800円
6s Plus 16GB 89,800円
64GB 101,800円
128GB 113,800円
6 16GB 67,800円
64GB 78,800円
6 Plus 16GB 78,800円
64GB 89,800円
SE 16GB 47,800円
64GB 59,800円

iPhone – Apple(日本)

特にiPhoneSEの価格がかなり安くなっており、最安値でなんと47,800円となっています。iPhoneがこれだけ値下げされることはおそらくあまりないでしょうから、SIMフリーのiPhoneが気になっている方は、この機会に検討してみるのも良いと思います。

AndroidスマホからiPhoneに乗り換えるメリットとデメリットについては以前書いていますが、今回は、これから安い中古のiPhoneを購入しようと思っている方、既にiPhoneを持っているが新しいiPhoneに買い換えようかと思っている方などを対象にSIMフリーiPhoneを購入するメリットとデメリットについて書きたいと思います。

AndroidスマホからiPhoneへ乗り換えるメリット・デメリットまとめ

プラス3万円で、iPhoneSEをGET!

以前から「みるにゅーす」では、iPhoneを安く利用したい場合は中古のiPhone5/5sなどを購入し、MVNOの格安SIMを利用することをオススメしてきましたが、今回の値下げで新品のiPhoneを購入するメリットが大きくなってきています。

SIMフリーモデルのiPhone5s(中古)は大体2万円前後で取引されており、新品よりはかなり安いですが、やはり中古なので製品によっては後々問題が生じてしまう可能性もなくはないでしょう。具体的には、購入した直後に劣化による故障が生じたり、売主から不具合の報告がなかったりなどといった問題が生じる可能性があります。

aucfan-sim_free_iphone5s_transaction
引用元:aucfanの検索結果

一方、高くついてはしまいますが、新品であればそういった心配はほとんどないでしょう。

特にiPhoneSEは最新のA9チップが搭載され処理速度が向上している上に、カメラ性能も向上しています。一時的に3万円多めに負担するだけでiPhoneSEをGETできるという点は大きいと思います。新品であれば、それなりに長く使えるという点も魅力です。

特に、これから中古のiPhone5/5sを購入して格安SIMを利用しようとしているユーザーは、その点をよく考慮してみることをオススメします。

中古のiPhoneが良い場合もある

とにかく安さを追求するのであれば、中古の方が良いと思います。

iPhone5/5sでも十分高性能な端末なので、iPhoneではLINEやメール、インターネットといった最低限のことでしか使う予定がないという方は、中古のiPhoneでも十分だと思います(不具合がなければ)。

また、iPhoneSEでは既に最新のiOS9.3(もしくはiOS9.3.1?)にアップデートされているので、古いバージョンのiOSを利用したいという方も、中古のiPhone5/5sの方が良いでしょう。ヤフオクでは、iOS7や8が利用可能なiPhoneも取引されているようなので、気になる方は定期的にチェックしてみてください。

利用したい格安SIMを自由に選べる

これは、主にキャリアで契約した古いiPhoneを利用しているユーザーにいえるメリットです。基本的にキャリアで契約したiPhoneは、そのキャリア回線が利用可能なSIM(そのキャリアのSIMまたはそのキャリアのMVNOの格安SIM)にしか対応していないので、SIM選択の幅が限られてきてしまいます。例えば、auのiPhoneであれば、auやmineo、UQmobileのSIMしか利用することができません。

現時点では、ソフトバンクのMVNOは存在しないので、ソフトバンクのiPhoneであれば、基本的にはWi-Fi環境で運用する程度しか使い道がなくなってしまいます。

利用したいMVNOの格安SIMがある場合は、この機会にSIMフリーiPhoneに買い換えてみるというのもありでしょう。

「安さ」と「速さ」を求めるならDMMmobile

DMMmobileの格安SIMは平日昼の都内以外であれば通常の利用であれば支障がない程度の速度が出る上に、データ通信利用料が安いので、格安のWi-Fiルーターとしても運用可能です。

1GB税込237円!DMMmobileを格安Wi-Fiルーターとして運用する方法

またDMMmobileの場合は、繰り越しなしのデータ通信利用量であれば、1GBの追加チャージ料金が518円と非常に安くなっているので、いざという時にも安心です。

特にデータ通信利用量が多くなりがちだという方にオススメです。

DMM mobile データSIMプラン 5GB

DMMmobileの動作確認端末一覧によると、LTE通信・テザリング・音声通話に関しては、iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus/SEいずれにおいても利用可能であるということです。なお、SMSの動作確認はされていないのでご注意下さい。

DMM mobile 動作確認端末一覧

ファミリーでの利用にはIIJmioがオススメ

IIJmioの場合は、家族で10GBのデータ通信利用量をシェアできるファミリーシェアプランも用意されており、なんと最大10枚までSIMが利用可能となっています。

IIJmio高速モバイル/D 音声通話機能付きSIM ファミリーシェアプラン

大人数でデータ通信利用量をシェアしたいという家庭に便利なサービスだと思います。

IIjmioに関しても、LTE通信・テザリング・音声通話に関しては、iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus/SEいずれにおいても利用できるようです。もっとも、iPadではSMSが利用不可になっていますので注意が必要です。

IIJmio – 動作確認済み端末一覧

mineoは通信速度が抜群に速い!

最近mineoの格安SIMのデータ通信や音声通話の利用環境などを確認してみましたが、概ね問題なく利用できています。もっとも、音声通話に関しては着信が不安定になることがあるので注意が必要です。

iPhone5s(iOS8.1.2)にmineo SIMカードを入れてデータ通信・SMS・音声通話を試してみた

なお、SMSに関しては、UQmobileと同様4G(LTE)回線に接続されている際は送受信がされないようで、一時的に1x回線に繋がった際に送受信がされるようになっています。LINEのSMS認証程度なら利用できそうですが、普段の連絡用としてはほぼ利用できないと考えておいたほうが良さそうです。

通信速度は20Mbps程度出ており、MVNOにしてはかなり速い方です。

pic-zenfonego-mineo-speedtest-tokyo

九州地方で計測したところ、なんと50Mbps近く出ました。

pic-zenfonego-mineo-speedtest

mineo Aプラン シングルタイプ 5GB

以上、SIMフリーiPhoneの購入を検討している方は、活用してみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です