シェアして頂けると嬉しいです!

MacのFinderをタブ形式で表示して作業を効率化しよう!

Macで作業をする時はFinderを活用しているユーザーも多いと思いますが、少々使いづらいと感じている方もいるのではないでしょうか。

例えば、Finderで複数のファイルを開く場合にそれらが別のフォルダに保存されている時は、まず複数のフォルダを開く必要があります。とすると、複数のFinderを開くか、一つのFinder内で複数のフォルダを行き来することになりますが、前者だとデスクトップが散らかってしまいますし、後者は単純に面倒くさいですよね。

そこで、便利なのがFinderをタブ形式で表示する機能です(・ω・)ノ

Finderをタブ形式で表示すると、一つのFinder内で複数のフォルダを開いたまま管理することができるので、デスクトップが散らかってしまうとか、複数のフォルダを行き来して大変といった不都合が解消されます。

今回は、Finderをタブ形式で表示する方法パスバー・ステータスバーを表示する方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

Finderをタブ形式で表示する方法

Finderをタブ形式で表示するためには、Finderを開いた状態で上のメニューバーにある「表示」→「タブバーを表示」をタップすればOKです。

mac-finder_displayed_in_tab_format1

これで、Finderの上部にタブが表示されます。

mac-finder_displayed_in_tab_format2

この状態で、開きたいフォルダをダブルタップして「新規タブで開く」をタップします。

mac-finder_displayed_in_tab_format3

すると、新たなタブが出現し、そのタブで開いたフォルダ内のデータを確認することができます。

mac-finder_displayed_in_tab_format4

左側のバーに表示されているユーザーフォルダも、この通り新規タブで開くことができます。これはかなり便利!

mac-finder_displayed_in_tab_format5

ちなみに、タブの右側にある[ + ]をタップすると新しいタブを増やすことができますが、ウィンドウのサイズが小さめだと10個目くらいからスペース的に厳しくなってきます。ただ、10個も開ければ、普段の作業には十分でしょう。

パスバー/ステータスバーを表示してより快適に

パスバーとステータスバーを表示させるとより快適になると思います。

パスバー/ステータスバーは、それぞれFinderを開いた状態で「表示」→「パスバーを表示」/「ステータスバーを表示」をタップすれば表示させることができます。

mac-finder_displayed_in_tab_format6 mac-finder_displayed_in_tab_format7

パスバーは、現在開いているフォルダが全体のどの位置にあるかを示してくれるので、前のフォルダに戻りたいときなどに便利です。ステータスバーは、フォルダに保存されているアプリケーションやフォルダの数や空き容量などを示してくれます。

mac-finder_displayed_in_tab_format8

気になる設定があったら、Finderの設定に取り入れてみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です