シェアして頂けると嬉しいです!

Twitter、140文字制限を緩和 写真や動画、引用ツイートなどはカウントせず

Twitterは、自社の公式ブログで、文字カウントの条件を緩和することを発表しました。引き続き140文字の制限は残されるものの、これにより140文字の制限内でこれまで以上にテキストでの表現が可能となります。

twitter-relaxation_restriction_of_text
(C)Twitter

スポンサーリンク

写真や動画、引用ツイートなどはカウントなし

具体的には、写真やGIF画像、動画、引用ツイートだけでなく、返信の際に表示される@ユーザー名に関しても文字カウントの対象から外れることになるので、その分テキストのボリュームを増やすことができます。ちなみに、返信以外の場合にも「@ユーザー名」が表示されますが、それに関してはカウント対象となっていますので注意が必要です。

返信:誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。

添付:写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。

引用元:今後の予定:140文字をより活用できるように

あと、URLに関しては引き続きカウント対象となるようです。

以前Twitterの制限文字数が1万文字に拡大されるという噂がありましたが、それについてはTwitter社CEOであるジャック・ドーシー氏が否定しています。

ただ、文字数制限の緩和に関する構想自体はあったようで、今回発表に至ったようです。Twitterでは、賛成の声もあるようで、これまでの厳しい140文字制限には窮屈さを感じているユーザーも一定数いたようです。

他の新機能も追加!

他にも、現時点では、自分のツイートに関しては「リツイートボタン」が薄く表示されて押せないようになっていますが、ユーザー自身も「リツイートボタン」を押せるようになり、より簡単に自分のツイートを引用することもできるようになるということです。過去のツイートに関して加筆・修正したいことがあるときに使えそうですね(ノ)・ω・(ヾ)

あと、今後@ユーザー名のツイートもフォロワーのタイムラインに表示されるということなので、そのユーザーに関するツイートを可能な限りチェックしたいというユーザーにはより便利になりそうですね。

制限文字数の緩和は、今後数ヶ月以内に行われるということです(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です