シェアして頂けると嬉しいです!

【Mac版】Finder代わりとしても活用できる!Spotlight検索の活用方法まとめ

MacにはSpotlight検索という機能がありますが、フォルダやファイルの検索だけでなく、Webページの表示やアプリの起動、単位の換算まですることができます。

Spotlight検索は、マウスやトラックパッドを使わずにキーボードだけで操作をしたいというユーザーに便利だと思います。

今回は、Spotlight検索の活用方法について書きたいと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

Spotlight検索を呼び出す

Spotlight検索は、[Command]+スペースキーで呼び出すことができます。ここに検索したいキーワードを入力すると、直ちに検索結果が表示されます。

mac-how_to_use_spotlight_search6

キーボードの設定は、「システム環境設定」→「キーボード」をタップして、「ショートカット」のところにある「Spotlight検索」で確認できます。ショートカットキーが表示されているところをタップして設定したいキーを入力してカスタマイズすることもできます(`・ω・′  )

mac-how_to_use_spotlight_search1

デスクトップの右上にある虫眼鏡マークをタップしても、Spotlight検索を呼び出すことができます。

mac-how_to_use_spotlight_search2

Finder代わりとしても使える

例えば、Spotlight検索で “mirunews” と検索すると、Webページ以外にもスプレッドシート(Excelのようなもの)やイメージ、書類、イベント・リマインダーといったデータごとに検索結果が表示されるようになっているので、ちょっとしたFinder代わりとして十分活用することができます。

mac-how_to_search_files7

検索結果に特定のフォルダ内のデータを全て表示したい時は、そのフォルダ名で検索すると一気に表示することができます。

検索したファイルを開くためには、検索結果をクリックしてもよいですが、なるべくキーボードを使いたいという場合は、特定の検索結果を選択した状態でEndterを押せばOKです(・ω・)

また、[Command]を押しながら上下の矢印を押すと、カテゴリを選択することができます。

すぐに別の検索用語で検索したい時は、入力した検索ワードを[Delete]で削除するのはちょっと面倒ですよね。そこで、[esc]を押すと一気に削除できるので、すぐに別の検索用語を入力できます。

検索結果をカスタマイズする

表示させる検索結果は、「システム環境設定」→「Spotlight検索」の「検索結果」のところで設定することができます。初期設定では、全てにチェックが入っている状態なので、利用状況に応じてあまり使うことがないデータに関してはチェックを外しておくと良いでしょう。

mac-how_to_use_spotlight_search3

左下にある「キーボードショートカット」をタップすると、Spotlight検索のショートカットの設定のところに飛ぶこともできます(ノ)・ω・(ヾ)

検索結果に表示させたくないファイルに関しては、「プライバシー」のところにある[ + ]をタップしファイルを選択して追加することができます。一度追加したファイルは[ – ]で除外(検索結果に表示させる)することもできます。

mac-how_to_use_spotlight_search4

そして、Spotlight検索は、必要なファイルを探す意外にも便利な機能があります。

アプリを起動する

アプリ名で検索すると、このようにアプリをすぐに起動することもできます。Dockでタップして起動するのが面倒という場合に便利ですよ(ノ)・ω・(ヾ)

mac-how_to_use_spotlight_search7

というか、キーボードで操作したほうが速いというのであれば、よく使うアプリの起動はSpotlight検索で行うと決めておくのも十分ありでしょう(`・ω・′  )

様々なウィンドウに隠れてしまいがちなメモもこの通り起動(もしくは表示)できます。

mac-how_to_use_spotlight_search14

Safariで検索もできる

URLの一部を入力して、Webサイトを選択してEnterをタップすると、特定のWebサイトをSafari上で表示させることができます。わざわざSafariを立ち上げる必要はありません!

比較的マイナーなサイトで訪問したことのあるサイトであればトップヒットに表示され、誰でも知ってるようなメジャーなサイト(総務省やAmazon、LINEなどなど)であれば、訪問したことがなくても候補のサイトに表示されます。

mac-how_to_use_spotlight_search15

もっとも、メジャーなサイトでも訪問したことのあるサイトであれば、トップヒットの方に表示されるようです。

というわけで、訪問したことのあるマイナーなサイトや超有名サイトをSafariで素早く表示させたいという時に便利ですよ。

システム環境設定のメニューも瞬間表示

システム環境設定にあるメニュー名を入力・選択してEnterを押すと、そのメニュー画面にすぐに飛ぶことができます。システム環境設定を開いて、メニューを選んで開くという作業が面倒な時は便利そうですよね。

mac-how_to_use_spotlight_search8

ただ、この機能をフル活用するためには、システム環境設定の構造をある程度把握している必要がありそうです。把握している方はお試し下さい⊂((・×・))⊃

漢字や単語の意味を調べる

急に出てきてとっさに出てこないような難しい漢字も、ササッと検索して調べることができます。

mac-how_to_use_spotlight_search9

英単語もこの通り。翻訳には辞書アプリが使われているみたいなので、文章の翻訳までは難しいようです。

mac-how_to_use_spotlight_search10

天気を確認する

天気もこの通り検索できます。「天気」とだけ入力すると、おそらく時刻の設定の際に指定した場所に基づいた天気が表示されていると思います。

mac-how_to_use_spotlight_search21

「場所+地名」を入力するとよりピンポイントで天気を知ることもできますよ。

mac-how_to_use_spotlight_search22

計算する

いちいち電卓アプリを起動して計算するのはちょっと面倒ですよね。そこで、Spotlight検索に計算してもらっちゃいましょう(`・ω・′  )

基本的な計算はもちろん、ちょっと複雑な計算もこの通りです。

mac-how_to_use_spotlight_search20

足し算・引き算は[ + ]・[ – ]、掛け算は[ × ]または[ * ]、割り算は[ ÷ ]または[ / ]などで表現します。例えば、2*3=6、10/2=5となります。あと、2^2は2の2乗のことです。ただし、機種依存文字だと計算されないので入力の際には注意が必要です。

(−5)の2乗と-5の2乗の区別も、この通りできています(・ω・)

mac-how_to_use_spotlight_search17

mac-how_to_use_spotlight_search18

いいねぇ、これ!

単位を変換する

分かりづらいマイルも、ササッとメートルに変換することができます。大きくはっきりと表示されるところが良いですよね(`・ω・′  )

mac-how_to_use_spotlight_search13

為替レートもすぐに調べられる

各通貨の為替レートも簡単に調べられます。例えば、米ドルであれば「1ドル」と入力するだけで、円に換算した価値が表示されます(ノ)・ω・(ヾ)

mac-how_to_use_spotlight_search12

中国の元もこの通り。これは便利ですよ。

mac-how_to_use_spotlight_search11

ユーロや韓国ウォンといった通貨はもちろん、ブラジルのレアルやインドのルピー、ロシアのルーブル、ノルウェークローネ、デンマーククローネも出てきますよ。おそらくどの通貨も出てくるんじゃないかと思います。気になる通過がある方は、試してみてください。

以上、キーボードでほとんどの作業を完結したいという方は活用してみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です