シェアして頂けると嬉しいです!

Apple StoreのiPhone SE在庫が最短3日に SEと6sどっちを買うべき?

3月末に発売されてからすでに3ヶ月弱経過したiPhone SEですが、元々iPhone 5sの在庫部品を利用して中国市場向けに作られた端末なだけに日本にさほど在庫が入ってきておらず、発売当初から現在まで一貫して日本に在庫が入ってきておりませんでした。

現在でも在庫不足の状況ですが、ここにきてAppleストアの在庫が最短3日待ちになっており、そろそろ少し待てば入手できる状況になってきましたが、iPhone 6sも事実上のiPhone最上位機種なため、どちらを購入しようか悩んでいる方も多いかと思いますので、iPhone SEと6sを比較してみました。

スポンサーリンク

サイズはiPhone SEが最高。ただし液晶サイズは小さい

iPhone 5sはとにかく売れに売れた端末で、iPhone6 / 6s は5sほど売れておりません。iPhone 6が出た当初はサイズが大きすぎるという意見がかなりありました。

しかも、サイズが大きくて周囲が丸くなっているので手から滑り落ちやすく、さらに液晶がとても割りやすくなっており、その上液晶ガラス交換費用も5/5sよりずっと高いという、割ってガラスを交換するようにデザインされたとしか思えないような作りかと見まごうほどでした。

しかし、スマホは特にAndroidスマホに関してはどんどん大型化する傾向にあり、小さくて5インチ、大きいと6インチ近くあるため、iPhone6も4.7インチ、6 plusは5.5インチと大型化していきました。

とは言っても旧型iPhone5s以前を使い続けるわけにもいかないと乗り換えたそうは多かったと思いますが、なんだかんだ画面が大きいとブラウジングも写真閲覧も作業もAmazon Kindle閲覧もやりやすいため、4.7インチサイズに慣れたという方は多かったんじゃないでしょうか。

そんな中でiPhone SE(液晶サイズ4インチ)が登場し、管理人も発売前に予約して入手してみましたが、大型液晶になれた状態ではやはり4インチ液晶は小さく感じます

確かに出先でちょっとLINEや路線情報の確認に使う程度であればiPhone SEの方がいいのですが、Kindleや写真閲覧などコンテンツの消化をメインに使っている方はiPhone SEでは物足りないでしょうし、かといってかばんにタブレットを入れておくと管理デバイスが増えますし充電管理も大変です。

iPhone 6s/6s Plus であれば1つの端末で、片手でスイスイとまでは行きませんがポケットに入れて使えますし、かつ出先で1〜2時間余裕ができたとしてもKindleなどでゆっくり読書を楽しむことも出来ます。

ロック解除の指紋認証は6sが爆速!

管理人が最も iPhone 6s に戻したい理由No.1はこれです。iPhone 6sは指紋認証の認証スピードが爆速なのです。試しにロック画面解除に指紋認証をしている方はロック中のiPhone 6sのホームボタンを1回押してみてください(ポチッとすぐ離す)。このわずか0.1秒程度で認証が完了しロックが解除されます。

一方iPhone SEは最短でも0.4秒ほど押し続けないとロック解除が出来ません。わずかコンマ数秒(0.x秒)の差ですが、さっと取り出して使う場合に遅延なくロック解除されるストレスフリーさを一度味わうとiPhone SEのロック解除はもたついているように感じます。

ケースはiPhone SEが種類も多く安くて最高

iPhoneケースに関しては、世界で最も売れたスマホであるiPhone5sのケースが流用できるiPhone SEが最高ですね。

iPhone 5sが史上最も売れたということは、iPhone 5sのケースは史上最も作られたスマホケースである可能性が高いですし、種類もそれだけ豊富になりますし、かつ発売からしばらく経っているため5sの金型は余り、在庫はだぶついているわけです。iPhone SEであればこのだぶついた在庫を安く買えばいいわけですし、5sの頃の金型で再生産もし易く新たな設備投資が少ないため、安くて良いケースが大量に出回るのです。

iPhone 6s/6s Plusは周囲が丸みをおびているため、カバーをぴったり装着するというよりは、ケースで包み込むような形になりますし、ケース自体も丸みを帯びていることが多いためグリップ力のあるTPU素材やラバー素材以外のiPhoneケースであれば滑って落とす危険もあります。

ただ、iPhone 6s/6s Plusに関しては二重イオン交換プロセスで作られており、分子レベルで強化された最も割れにくい液晶強化ガラスが採用されているため、iPhone 6ほど割れやすくはありません。

お値段はSEより6sの方が5割高

iPhone SEの64GBが59,800円(税抜)で、6sの64GBが89,800円(税抜)なので、SEより6sの方が価格が5割高いといえます。

サイズやロック解除速度・ケースの自由度や価格はあるにせよ、値段はやはりiPhone 6sの方がずっと高いといえますね。

CPU・GPUは一緒。他は?

iPhone SEはiPhone 6sと同じCPU・GPUのチップセットを搭載しており、「見た目は5s、中身は6s」と言われておりました。

しかし、管理人が実際に操作したところスムーズさなど僅かですがiPhone 6sの方が高速だと感じますし、また指紋認証速度もSEより6sの方が高速なため、チップセット以外は5sを流用している部分がある可能性はあります。

iPhone SEは3D Touch非搭載

その他決定的に違う点としては、iPhone SEには3D Touchが非搭載である点です。

3D Touchは単にホーム画面のアプリを開く際にいくつかの開き方を選択出来るだけでなく、

3d_touch17

写真を保存したり、LINEやメールの内容をちら見したり、URLのプレビューを開いたり、キーボードを終了してタップ場所を自由に動かしたり、画面左端を3D touchしながら右にスワイプすることで、通常ホームボタンの二度押しが必要なアプリ切替画面を一動作で呼び出すことが出来ます。

値段は高くサイズも大きいですが、価格がこなれてきたiPhone 6sを買うのも選択肢に加えるのもいいんじゃないでしょうか。iPhone6sでしたらキャリアで契約しても6ヶ月超えればSIMフリー化ができるので、MVNOでの運用も見据えて所有することが出来ます(ノ)・ω・(ヾ)

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です