シェアして頂けると嬉しいです!

使いこなすと作業が捗る!Macで活用できるスクリーンショット裏技集

Macでは、[shift]+[Command]+[3]をタップしてスクリーンショットを撮影しますが、他にも範囲を指定してスクリーンショットを撮影したり、特定のウィンドウだけのスクリーンショットを撮影することもできます。

さらに、通常は、スクリーンショットを撮影すると「スクリーンショット 年-月-日 時間」というファイル名が自動的につけられますが、このファイル名を見やすいようにカスタマイズすることもできます(`・ω・′  )

今回は、スクリーンショットを撮影する際に知っておきたい便利な撮影方法やファイル名をカスタマイズする方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

指定した範囲を撮影する

画面の指定した範囲のスクリーンショットを撮影するためには、[shift]+[Command]+[4]を押すと、カーソルが矢印から十字のようなマークに変わるので、その状態で撮影したい範囲をドラッグして選択すればOKです。

これで、範囲を選択した時点(タッチパッドやマイスのボタンから指を話した時点)のスクリーンショットが撮影されます。

特定のウィンドウだけを撮影する

特定のウィンドウだけのスクリーンショットを撮影することもできます。

ウィンドウだけ撮影するためには、[shift]+[Command]+[4]を押すとカーソルが矢印から十字のようなマークに変わるので、その状態で[スペース]を押します。すると、カーソルをウィンドウの範囲内に移動させると、このようにウィンドウの部分だけ選択された状態(青くなる)になるので、この状態でウィンドウの範囲内のどこかをタップすれば完了です。

mac-screenshot-activation_method1

撮影したスクリーンショットはこんな感じ。ウィンドウだけ撮影できるので編集の手間を省くことができますよ(ノ)・ω・(ヾ)

mac-screenshot-activation_method2
※このサイトでは、アップした画像全てに自動的に影がつくようになっているので、二重に影がかかって不自然な感じになっていますが、実際に撮影された画像ではウィンドウ周りの画像だけに影がかかっているのでご安心下さい。

特にウィンドウの角の部分は若干丸みを帯びているので、編集でこれを再現することは難しいですが、この方法であれば角も楽々再現できます(`・ω・′  )

ただ、初期設定の状態だとウィンドウの周りに影がついてしまいます。これだとブログやSNSにアップした時にちょっと不自然になってしまいます。影を表示させたくないという場合は、次の「影をつけないように撮影する方法」を参照してみてください。

影をつけないように撮影する方法

ウィンドウのスクリーンショットを影をつけないように撮影するためには、以下のコマンドをターミナルで実行すればOKです。

defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool true
killall SystemUIServer

ターミナルは、Launchpadの「その他」のところにあります。

mac-screenshot-activation_method3

ターミナルを開くとこの状態になっているので、ここに先ほどのコマンドをコピペして[Enter]を押せば完了です。

mac-screenshot-activation_method4

この状態になればOKです。これでウィンドウの周りにも影がつかなくなるはずです(`・ω・′  )

mac-screenshot-activation_method5

ファイル名を変更する

初期設定の状態でスクリーンショットを撮影すると、自動的に「スクリーンショット 年-月-日 時間」のファイル名がつけられるようになっていますが、ファイル名がかなり長いので画像処理の際に苦労している方も多いかと思います。

mac-screenshot-activation_method6

そこで、ターミナルで以下のコマンドを実行(コピペ→[Enter])すると、「scr- 年-月-日 時間」というファイル名でスクリーンショットが保存されるようになります。

defaults write com.apple.screencapture name “scr-“

この状態になれば成功です(`・ω・′  )

mac-screenshot-activation_method7

変更後はこんな感じ。これだけでもファイル名がかなり短くなりますよ。

mac-screenshot-activation_method8

もっとも、年月日と時間が表示されたままになるので、不要という場合は日付時間を省いて連番にする方法もあります。気になる方は、次の「日付時間を省いて連番にする」を参照してみてください。

日付時間を省いて連番にする

さらに、スクリーンショットのファイル名に日付時間をつけないようにすることもできます。日付時間をつけないようにするためには、ターミナルで以下のコマンドを実行(コピペ→[Enter])すればOKです。

defaults write com.apple.screencapture include-date -bool false

この状態になれば成功ですね(・ω・)

mac-screenshot-activation_method9

変更後のファイル名はこんな感じです。かなりシンプルになりました(ノ)・ω・(ヾ)

mac-screenshot-activation_method10

ただ、これだと日付時間がつかなくなるので、スクリーンショットを特定のフォルダ内に保存するように設定しているユーザーが、複数に分けて大量のスクリーンショットを撮影する場合はファイル名が被ってしまう可能性があります。例えば、一度目に3枚のスクリーンショットを撮影すると「scr-.png」「scr- 1.png」「scr- 2.png」というファイル名が保存されますが、それをデスクトップに置いた後、再びスクリーンショットを撮影すると先ほどと同じ「scr-.png」「scr- 1.png」「scr- 2.png」というファイル名となってしまいます。これらのファイルもデスクトップに移動すると、ファイル名が被ってしまうことになります。

といっても、同じ場所に同じファイル名のものが混在する場合は、以下のようなダイアログが出てくるので、ここで「両方とも残す」を選択すれば良いわけですが、「両方とも残す」を選択すると、同じファイル名のものが自動的にまとめられてしまい、位置がグチャグチャになってしまいます。

mac-screenshot-activation_method11

スクリーンショットをデスクトップに保存するようにしている場合は特に問題ありませんが、スクリーンショットを特定のフォルダに保存するようにしている場合は注意が必要です。

以上、ご活用下さい(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です