シェアして頂けると嬉しいです!

これだけは意識しておきたい!iPhone/iPadのカメラで綺麗な写真を撮影する方法まとめ

iPhoneやiPadで撮影した写真を後で確認した時に、思ったより綺麗に撮影できなくてがっかりした経験のある方もいるかと思います。

写真は撮影の時が勝負になるので、後で気がついた時は結構ショックですよね。

そこで、今回は、写真を撮影する時に意識しておきたい綺麗な写真を撮影する方法をまとめました(`・ω・′  )

スポンサーリンク

ピントや明るさを調節する

これは既に使っている方も多いかと思いますが、これが使えるだけでも写真の美しさがかなり違ってきますよ。

カメラを起動して被写体にカメラを向けている時に、ピントを合わせたい部分をタップすると、四角の枠が表示されてその部分にピントを合わせることができます。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos1
※画像は「ボンレス猫」です。

さらに、iphone-how_to_shoot_beautiful_photos4」を上下にドラッグすると、明るさを調節することもできます。

暗くするとこんな感じです。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos2

明るくすると、こんな感じ。結構幅広く調節できるので、明るい場所でも暗い場所でも丁度良く明るさを調節できるようになっています。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos3

AE/AFロックを活用する

AE/AFロックとは、AE(露出)とAF(ピント)を指定した位置にロックしてくれる機能のことです、思い通りの位置に露出やピントをロックすることができるので、綺麗な写真を撮影するのに役立ちます。

AE/AFロックを利用するためには、「AE/AFロック」と黄色で表示されるまで、被写体の露出やピントを合わせたい部分を長押しすればOKです。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos9

グリッド線を表示させる

慌てて写真を撮影したとか、そもそもiPhoneやiPadが傾いているのに気が付かなかったことが原因で、撮影した写真が傾いていてガッカリした経験がある方もいるかもしれません。実は、管理人もよくやってしまいます(°ω°)

そこで、写真を撮影する時にグリッド線を表示させる方法が便利です(`・ω・′  )

グリッド線を表示させるためには、「設定」→「写真とカメラ」をタップして「グリッド」をONにすればOKです。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos10 iphone-how_to_shoot_beautiful_photos11

すると、被写体にカメラを向けている時にこのようにグリッド線が表示されるので、撮影を急いでいる時もiPhoneやiPadが傾いていることに気がつくことができます。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos12

もちろん、撮影に失敗しても、iPhoneの写真アプリで「編集」の「iphone-how_to_shoot_beautiful_photos16で傾きを調節することはできます。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos13 iphone-how_to_shoot_beautiful_photos14

ただ、あくまでも撮影された範囲でしか調整できないので、こんな感じで被写体が大きくなってしまい全体的なバランスが悪くなってしまいます。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos15

撮影の際に傾きを意識していれば後で調整する必要がなくなるので、それが良いに越したことはないでしょう。

HDRを活用する

HDRとは、3種類の露出を活用して画質の良い写真を自動的に合成してくれる機能です。要は、画質の良い写真を自動的に作ってくれるわけですから、これはONにしておくべきでしょう(`・ω・′  )

HDRで撮影するためには、カメラを起動した状態で、上のメニューバーに表示されている「HDR」をタップするとメニューが表示されるので「オン」を選択すれば完了です。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos5

「HDR」に設定されると、撮影中に黄色く「HDR」と表示されます。一度HDRに設定したら、その後「オフ」にしないかぎりHDRに設定されたままです(・ω・)

HDRに設定された状態で写真を撮影すると、通常の画像とHDR画像が写真アプリに保存されます。HDR画像の方には、左上に「HDR」と表示されるのですぐにわかるかと思います。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos6

ちなみに、通常の画像とHDR画像を比較するとこんな感じです。光の量が調節され、影も薄くなっていて、全体的になめらかな印象になっていますね(・ω・)

▼通常の画像

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos7

▼HDR画像

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos8

HDRモードで撮影する時は通常の画像はいらないという場合は、「設定」→「写真とカメラ」をタップして「通常の写真を残す」をOFFにしておきましょう(`・ω・′  )

バースト機能を活用する

動いている乗り物や運動会で走っている子供など、被写体が動いている時は、その中でも最高の決定的瞬間を撮影したいですよね。

ただ、決定的瞬間にシャッターを切れるかどうかはほぼ運の世界になってきてしまうので、ここはバースト機能を活用すると良いでしょう(`・ω・′  )

バースト機能を使うためには、シャッターボタンを長押しするだけです。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos17

バースト機能で撮影した写真は、写真の左上に「バースト(◯◯枚の写真)」と表示されます。

バースト写真から一番良い写真を抽出するためには、まず、バースト写真を表示した状態で、下のメニューバーにある「選択」をタップします。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos18 iphone-how_to_shoot_beautiful_photos19

続いて、写真を左右にスライドさせて良いと思う写真にチェックをつけて「◯◯枚のお気に入りのみ残す」をタップすれば完了です。写真は、1枚に絞ることはもちろん、複数枚残すこともできます。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos20 iphone-how_to_shoot_beautiful_photos21

写真を絞ると、このように普通の写真と同じように保存されます。複数枚に絞った場合も同様です。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos22

ズームやフラッシュは使わない

良い画質の写真を撮影するためには、ズームやフラッシュを使わない方が良いです。

ズームは遠くのものを大きく撮影するためには便利な機能ですが、その分画質が悪くなってしまいます。画質を重視するのであれば、可能な限り近くに行って撮影するしかありません。

あと、フラッシュも暗い場所でよく見えないものを撮影する時には便利ですが、強い光を当てるので、その分色の豊かさが失われてしまうことがあります。

肉眼で見たままの風景を写真に残したい場合は、フラッシュをOFFにしておくことをオススメします。

iphone-how_to_shoot_beautiful_photos23

以上、iPhoneやiPadでこれらのことを実行するだけでも、かなり良い画質の写真を撮影することができるはずなので、活用してみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です