シェアして頂けると嬉しいです!

【MVNO】ポケモンGOをプレイするなら、この格安SIMがオススメ!通信速度や通信量を徹底比較

ポケモンGO(Pokémon GO)がリリースされて早1日が経過しましたが、かなりプレイして何匹もポケモンをGETしてレベルが上がった人もいれば、これからはじめようと思っている方もいるでしょう。

で、ポケモンGOは外に出て移動する必要がある性質上、必ずモバイルデータ通信使うことになります。そこで、今回は、ポケモンGOをプレイするユーザーにオススメのSIMについて書きたいと思います(`・ω・′  )

スポンサーリンク

プレイ中は通信量よりも速度が重要なワケ

Twitterでは、ポケモンGOをプレイする時は、常にアプリを起動した状態で位置情報を送信し続けるのでものバッテリーの消費量が凄まじいので、モバイルバッテリーは必須だなんてよく言われていますが、実は通信量もかかってきます。

といっても、管理人がプレイした感じでは数時間程度で300〜400MBくらいしか減っていなかったので、意外と通信量はかからないなという印象ですね(・ω・)

プレイ前は5GBくらいありましたが、この時点の残量は4.71GBでした。

recommended_sim_for_playing_pokemon-go1

ただ、プレイ時間が多ければ多いほど通信量もそれだけかかってくるのは間違いありません。あと、ポケモンGO以外の用途で通信量が多くなりがちなので、ポケモンGOでは通信量をなるべく消費したくないというユーザーもいるでしょう。

あと、通信量よりも重要なのが、通信速度です。通信環境が良くないと画面がフリーズしてポケモンをGETしそこねてしまうなんてことも起きてしまいます。管理人も、実際に何度か体験しました。

というわけで、今回はポケモンGOの通信量がカウントされないSIMだけでなく、通信速度が速くて安定しているSIMについても書いているので、参考にしてみてください(`・ω・′  )

長時間プレイする人は、このSIM!

DTI SIMは、業界最安値のDMMmobileくらい安い!

ポケモンGOがリリースされてから、先陣を切ったのがDTI SIMです。DTI SIMでは、ポケモンGOのプレイ分の通信量がなんと無料になります(°ω°)

提供されるSIMは、データ通信専用SIM・SMS対応SIM・音声通話SIMとなっており、通信量はいずれも5GBととなっています。ポケモンGOの通信量はカウントされないので、それ以外の用途で5GBに収まるかどうかがポイントですね(・ω・)

料金設定はこんな感じ。前の記事でも書きましたが、業界最安値であるDMMmobileよりも10円高いだけなので、かなり安いですね(ノ)・ω・(ヾ)

dti_sim-communication_volume_for_pokemon-go_no_count_service2

前の記事では、通信速度に関する評判もまとめているので参考にしてみてくださいね(・ω・)ノ

FREETELも、ポケモンGOのパケット料金無料化に乗り出す!

FREETELも、DTI SIMに続いてポケモンGOのパケット料金無料化サービスをはじめることを発表しました。提供開始は、8月下旬から9月頃を予定しているということです。

サービスの内容が公開されたら、またお知らせします。

で、注目したいのが、2016年5月に発売した新スマホである「FREETEL REI 麗」がポケモンGOに対応していることです。

recommended_sim_for_playing_pokemon-go2

このスマホには、ポケモンGOに搭載されたAR(仮想現実)という機能を利用するために必要なジャイロセンサーが搭載されています。ARというのは、簡単にいうと、現実の世界とデジタルの世界を同時に重ねて表示する機能のことです。具体的には、カメラで撮影した風景(現実の世界)に重ねて、ポケモンやモンスターボールなど(デジタルの世界)を表示することができます。まさに「現実を拡張する」機能というわけですね(・ω・)

REIにはそれが搭載されているということです(`・ω・′  )

しかも、端末価格は2万円台と、新型のスマホにしてはかなりの低価格となっています。

あと、FREETELの動作確認結果によると、「KIWAMI 極」もポケモンGOに対応しているということです。6インチの大画面でポケモンGOを楽しむことができるのは魅力ですよね。

ちなみに、DTI SIM・FREETELのSIMでは、ドコモ回線を利用します。

通信速度が速いUQmobileとmineoもオススメ!

ポケモンGOは、ポケモンが出現してからGETするまでが一番の勝負になりますが、そんな時に「せっかく激レアポケモンを見つけたのに、画面がフリーズしている間に逃げられちゃった…(′・ω・`)」なんてことになったらショックですよね。

そういう意味では、通信環境が良くて安定しているSIMをオススメします。

特にau系のSIMであるUQmobileやmineo(Aプラン)の通信速度には定評があり、Twitterでは、特にUQmobileの評判が良いですよ。

管理人も、UQmobileのSIMを挿入したiPhoneSEでポケモンGOをプレイしながら移動した距離が合計で35kmを超えていますが、一度だけ画面がフリーズして1匹のポケモンを取り逃がしたくらいですね。

mineoのSIMを入れた状態でもプレイしてみましたが、とある山奥で、起動する時の画面がフリーズしたり、プレイしていると何度かフリーズしてポケモンを逃してしまったりすることがありましたが、それ以外の場所では問題なくプレイできましたよ(・ω・)

ちなみに、起動する時の画面というのはこのことです。

recommended_sim_for_playing_pokemon-go8

ここ最近、UQmobileの通信速度を測ってみましたが、速い時で50〜80Mbps、遅い時でも20Mbps以上は出ます(平日都内の昼休み時間帯を除く)。mineoも、平日都内の昼休み時間帯を除けば、20〜50Mbps台くらい安定的に出ますね。

UQmobileの場合は定額プランは3GBプランのみとなっていますが、上記の通り通信量はあまりかからないので、普通にプレイする程度であれば十分対応できるかと思います(`・ω・′  )

一方、mineoは、5GBプランや10GBプランも用意されているので、長時間プレイするユーザーや普段の通信量が多くなりがちなユーザー向けとなっています。

通信量がどれくらいかかるかわからない方は、解約金がかからないmineoのSIMを試してみて利用状況を確認するのも良いと思いますよ(ノ)・ω・(ヾ)

ポケモンGOは楽しいよ!

管理人も、ここ最近、ポケモンGOをプレイして何匹かポケモンをGETしてきましたが、これは楽しいですね。アメリカで大人気なのも分かる気がします(`・ω・′  )

アメリカでは既に飽きてきているユーザーもいるらしいという噂を聞きましたが、外に出て歩くのが好きな方であれば長く楽しみ続けることができるんじゃないかと思っています。管理人も、どちらかというと歩くのが好きな方なので、歩く時の楽しみが増えたなぁって感じですね。

あと、いつかレアポケモンをGETできるかもしれないという期待を持てることと、普段もポケモンをレベルアップさせて戦わせることができるということも、長く楽しむことができる理由の一つになるでしょう。

最近、ヒトデマンをよく見かけます。ある程度アメもたまってきたので、もうすぐスターミーに進化させることができそうです(・ω・)

recommended_sim_for_playing_pokemon-go3

幹線道路上にコイキングを発見!コイキングが車にひかれちゃう前にGET!

recommended_sim_for_playing_pokemon-go4

凄腕のトレーナーになれるように、頑張るぞ!お〜(`・ω・′  )ノ

mineo Aプラン シングルタイプ 5GB

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です