シェアして頂けると嬉しいです!

9月に発表予定のiPhone7 / 7 Plusはどうなる?最新の主なリーク情報まとめ

9月には発表されると噂されているiPhone7がどうなるのか気になっている方もいるでしょう。今回は、iPhone7/7 Plusの最新のリーク情報をまとめました。

Apple Insiderの報道によると、モデル名がiPhone7ではなく「iPhone6se」になるという情報もあります。メジャーアップデートが来年に持ち越される関係から、iPhoneの名称もそれに合わせられる可能性があります。

今回は、多くの方が関心がありそうなもの順に書いていますが、目次のリンクをクリックすると、読みたい項目に飛ぶことができます。

スポンサーリンク

カメラ性能が向上する

以前からカメラレンズが大きくなったリーク画像が出ていましたが、このことからカメラ性能が向上する可能性も浮上しています。

これまで発売されたiPhoneのカメラ性能の高いことから、アップル社がカメラ性能を重視していると考えられるので、これは全くあり得ない話ではない気がします。

あと、中国版SNSのWeiboに投稿された画像によると、レーザーオートフォーカスが搭載される可能性もあります。(カメラレンズとフラッシュの間にある黒い点)

iphone7-laser_auto_focus-leaked_image_in_weibo
引用元:CNMO.com

レーザーオートフォーカスとは、自動的にピントを合わせるための機能の一つですが、ピントをより素早く合わせることができる上に、暗い場所でもピントの精度が良いという特徴があります。

このレーザーオートフォーカスを搭載したスマホは既にいくつか存在しており、ASUSのZenFone 2 Laserにも搭載されています。

現行のiPhoneで撮影した写真の画質も十分すぎるほど良いですが、iPhone7で改善されるとどんな写真が撮れるようになるのかが楽しみですね。

バッテリー容量がわずかに増加

これは以前からも出ていた噂ですが、バッテリー容量がわずかに増加する可能性もあります。iPhone7のバッテリー容量は1,735mAH、iPhone7 Plusのバッテリー容量は2,810mAHとなるといわれています。これは、現世代のiPhoneを上回ります。

ちなみに、iPhone6sが1,715mAH、iPhone6s Plusは2,750mAHです。

According to the poster, the iPhone 7 will include a battery with a 1735 mAH capacity and iPhone 7 Plus will feature a 2810 mAH battery. On both models, this is (slightly) more than the current-generation iPhones. The iPhone 6s and iPhone 6s Plus have batteries with 1715 mAH and 2750 mAH respectively.

引用元:Chinese report indicates iPhone 7 to have slightly larger battery than iPhone 6s

情報元によると、iPhone7のバッテリー容量は1,735mAH、iPhone7 Plusのバッテリー容量は2,810mAHになる見込みである。いずれのモデルも現世代のiPhoneのバッテリー容量を上回る。iPhone6sのバッテリー容量は1715mAH、iPhone6s Plusは2,750mAHとなっている。

といっても、これによりバッテリーの持ち時間が増えるとは限りません。iPhone7では機能面のアップデートがされる公算が高いので、これによりバッテリーの消費も多くなるでしょう。そういう意味では、バッテリーの持ち時間は変わらないか、むしろ短くなる可能性もあります。

その後、iPhone7のバッテリー容量が1,960mAHになるという話も出ており、この場合、現行モデルに比べて約14%増加します。これが本当であれば、バッテリーの持ち時間も向上する可能性も出てきますね。

処理速度も向上

iPhone7のプロセッサにはA10チップが搭載される予定ですが、TechTasticが公開した調査結果によると、A10チップのベンチマークスコアは3,000となっており、現行モデルに搭載されているA9チップに比べて約19%処理速度が向上していることが判明しています。

techtastic-a10_chip_benchmark_score
(C)TechTastic

ちなみに、A10チップの量産は、TSMCが独占受注しているとの報道から、iPhone6s/6s Plusのように処理速度に若干の違いがあるという問題は生じないでしょう。

イヤホンジャックが廃止される

これは度々話題となっていますが、依然廃止説が有力となっています。

新たな情報としては、イヤホンジャックが廃止された場合、Lightningポートに接続されることになりますが、現状のイヤホンも使えるように変換アダプタが同梱されるといわれています。

デュアルカメラが搭載される

デュアルカメラがiPhone7 Plusに搭載され、一回の撮影で2つのタイプの写真や動画を撮影したり、撮影後にピントを調整したりすることができます。

搭載されないという話もありますが、搭載を示唆するリーク情報も依然存在するので、搭載を期待したいところですね。

ストレージのラインナップが変更

iPhone7 Plusでは、新たに256GBが登場すると噂されています。iPhone7 Plusでデュアルカメラの撮影が可能になれば、その分保存されるデータ量も増えることが予想されるので、それを受けてのことだと思われます。

また、The Wall Street Journalの報道によると、16GBに代わって32GBモデルが登場するという観測も出ています。

Instead of 16GB as a starting point for the entry-level iPhone, the new starting point will be 32GB, according to a person familiar with Apple’s iPhone plans.

引用元:It’s a Bad Time to Buy an iPhone

Apple社の計画をよく知る人物によると、ストレージが最小であるモデルとして、16GBモデルに代わって32GBが登場する見込みである。

カラバリも変更される

ここからはデザイン面の話です。

カラーバリエーションが充実するという噂も出ており、主に候補に上がっているのはディープブルー、ブラックなどが登場するいわれています。

リーク情報を公開することで知られているMartin Hajek氏が予測画像を公開しています。実際にこの色になるかは不明ですが、材質と相まって、おしゃれな感じに仕上がっていますね。

iphone7-black_and_midnight_blue-martin_hajek
(C)Martin Hajek

ディープブルーはこれまでに登場したことがない色なので、実際にどんな色になるか楽しみですね。この画像のような色であれば需要がありそうですね。


あと、ブラックはiPhone5以来の再登場となります。

Dラインとカメラの出っ張りがなくなる

これは複数の情報元により公開されているリーク画像によって明らかになっています。Dラインやカメラの出っ張りについては、気になるユーザーもいるようなので、改善が期待されるところです。

ただ、カメラの出っ張りに関しては維持されるという噂もあります。

その他の噂

以上の他にも、防水機能や感圧式ホームボタンが搭載され、iPhone7 PlusにはSmart Connectorが搭載されるといった噂があります。

あと、Apple社CEOであるティム・クック氏が、それなしでは生きていけない機能も搭載されると発言したことも注目されています。

さらに、1mmの薄型化がされたり、ワイヤレス充電が搭載されるといった噂もありますが、可能性は低そうです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です