シェアして頂けると嬉しいです!

MacBook Pro用に購入したBoxiz(BOXIZ0101BK)のテンキーをレビュー!普段使いには良さそう

会計処理など、数字を入力する作業をする時はテンキーが便利ですよね。

管理人はMacBook Proを普段使っていますが、MacBook Proにはテンキーがついていないので、数字の入力をする時には外付けのテンキーがあると作業がはかどります。

今までは、こういった有線のタイプを使っていましたが、コードが少々邪魔になることがあるので、ワイヤレスのものが欲しくなりました。

boxiz-wireless_ten_key-review1

で、Amazonで良い感じのものを見つけたので、今回早速使ってみました。これを選んだのは、Amazonでベストセラー1位だったことと、レビューでMacBook Proでも使えることがわかったからです(`・ω・′  )

スポンサーリンク

電池が入っていないので注意

開封すると、シンプルに本体とUSBトングルが入っています。電池は入っていないので、単4電池を1個用意する必要があります。

boxiz-wireless_ten_key-review2

家にない方は、一緒に注文しておくと良いでしょう。

あと、説明書やスタートガイドといったものも入っていませんでしたが、PCと接続するとキーボード設定アシスタントが出てくるので、それを見ながら設定していく形になりますね(・ω・)

取り付けは、非常に簡単!

取り付けは非常に簡単です。本体に電池を入れて、USBトングルをPCのUSBポートに差し込むだけです。

boxiz-wireless_ten_key-review3

あとは、キーボード設定アシスタントが開始されるので、ダイアログの通り設定していくだけです。まず、「続ける」をクリックします。

boxiz-wireless_ten_key-review4

すると、「識別中のキーボードで、左 Shiftキーの右隣のキーを押して下さい。」というダイアログが出てきますが、このテンキーにはShiftキーがありません。

boxiz-wireless_ten_key-review5

調べた所、JIS設定をすれば良いらしいですが、特にそれらしきメニューも見当たらないので、何気なくテンキーのボタンをガチャガチャ押していたら、なんとJIS設定の画面になりました(°ω°)

boxiz-wireless_ten_key-review6

ここで設定方法を示したかったのですが、いきなりできてしまったのでなぜできたのかは不明です…。まぁ、結果的にできたので良しとしましょう(・ω・)

これで設定は完了です。

普段使いとしては良いかな・・・

実際に使ってみましたが、ワイヤレステンキーにしては価格が安めなので、他の製品に比べて少々安っぽい感じは否めませんが、普段の入力作業には問題ありません。

もちろん、Parallels Desktopの方にインストールしている会計ソフトでの入力もできます。

boxiz-wireless_ten_key-review7

ただ、入力している時にガタガタなってしまうのが、ちょっと気になりますね。テンキーとしては十分使えるので、何か厚めのシールかなんか貼ってしのぐことにします。

「テンキーはワイヤレスじゃなきゃ嫌だ」というこだわりがあって、とにかく入力できれば良いという方向けだと思いました。似たような方は検討してみてください(・ω・)ノ

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です