シェアして頂けると嬉しいです!

フィットネスに便利!EOTWiPhoneSE/5s/5用ランニングアームバンドをレビュー

既に夏本番ですが、ダイエットや身体を鍛える目的で、日々フィットネスでトレーニングやランニングに励んだり、熱い中ランニングやウォーキングを続けている方もいるかと思います。

そういった時でも手放せないのがスマホですよね。

スマホがあると、ふと何か浮かんだ時にブラウザで調べ物をしたり、ちょっと遠回りして知らない道を散歩する時に地図が必要になったり、ミュージックアプリで音楽を聴いたりするのに何かと便利ですよね。

管理人も、運動をしている時にスマホがポケットから落ちてしまったり、スマホをポケットに入れた状態でランニングをするとiPhoneがポケットの中で暴れて気になるので、今回、こちらのランニング用のアームバンドを購入しました。

ちなみに、iPhoneSE用です。今回は、これをレビューしたいと思います(`・ω・′ )

スポンサーリンク

開封の儀

パッケージはこんな感じです。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review1

中に直接商品が入っていました。ちょっと寝坊して急いで取り付ける必要があったので、助かりました(笑)

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review2

スマホを入れるケースがついたバンドの他に、予備のベルトも入っていました。

アームバンドへの装着も簡単!

スマホを入れる所にiPhoneを入れていきます。端末が落下しにくい用に作られているので、結構入れづらかったですが、押し込めばしっかり入ります。(この写真は何度か使用した後に撮影したのでちょっと使用感が出ていますが、新品はもっと綺麗です。)

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review11

管理人はいつも結構強めにグイッと押し込めていますが、ケースが頑丈に作られているので、少々のことでは破れたりすることはないかと思います(・ω・)

装着した状態はこんな感じ。もちろん、ケースの上から操作できますよ。イヤホンのコードはは左側のポケットに収納しておくと、ランニング中にイヤホンのコードが顔に当たって邪魔になることはないかと思います。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review3

ケースの上からなので、普段よりも反応は良くないですが、トレーニング中は音楽を変えたり、ニュースを見る程度であまり操作することはないので、それ程ストレスにはなりません。

イヤホンを取り付けるところはこんな感じで、左右いずれにあっても対応できるようになっています。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review4

iPhoneSEのイヤホンジャックの位置とピッタリ合っていました。iPhone5s/5でも大丈夫だと思いますよ(`・ω・′  )

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review5

カードやカギの収納もできる!

トレーニングやランニングを終えた後に、コンビニでドリンクを購入したくなることもあるでしょう。わざわざ自宅にお金やカードを取りに戻るのも面倒です。

これは、カードの収納もこの通りです(`・ω・′  )

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review6

スマホの裏に収納されるようになっており、ここは最も腕に押し当てる部分なので、しっかり固定されて落ちる心配もありません。残念ながら小銭を入れるところはないようです。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review7

ただ、カードなので、どうしても不安な方はカードのポケットの上が腕の付け根の方に来るようにアームバンドを装着すると良いでしょう。ポケットが下に向いた状態だと、重力で落ちてしまう可能性も全くないとは言い切れないので。

カギの収納もこの通り。ただ、カギによっては落ちてしまう場合もあるかと思うので、その場合もポケットの上が腕の付け根の方になるように装着した方が良いでしょう。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review8

管理人の場合は、カギが落ちないかが心配だったので、ポケットの上が腕の付け根の方に来るように装着しています。今のところ、カギが落ちたことは一回もありません。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review9

このように装着すると、ホームボタンが向こう側になってしまうので、スマホの操作をしづらくなります。ただ、運動中はほとんど操作することはないので、あまり気になりません。

eotv-running_arm_band_for_iphone-se_5s_5-review10

欲を言えば、ポケットの向きがすべて逆だったら良かったのになぁという感じですね(^^;)

少々気になる点はあるものの、管理人の場合はケースが端末サイズに合っていることを最も重視したのでこれに決めました(理由については後記)。これを使い始めてから、運動中に持ち物を気にすることがほぼなくなり、今まで以上に運動に集中できるようになったのでほぼ満足しています(ノ)・ω・(ヾ)

ランニング用アームバンドを選ぶポイント

ここでは、今回、ランニング用アームバンドを購入してみて気がついたことをもとに、最適なアームバンドを選ぶポイントを書いていきたいと思います。

端末のサイズに合ったものを選ぶ

これは結構重要です。

ケースが大きめだと、運動中に端末が中で揺れるので、これだとポケットに入れた状態とあまり変わりません。しっかりスマホを固定するためのアームバンドなわけですから、できるだけ、その端末用に作られたものを選んだほうが良いかと思います。

イヤホン用の穴の位置を確認する

トレーニング中に音楽を聴く人は、イヤホンを通せるかどうかが重要です。中にはイヤホンジャックの位置と全然違う製品もあるので、できれば、その端末用に作られたものを選んだほうが良いです。

鍵や小銭が入るかどうか

運動の後に用事を済ませたり、飲み物を購入したりする場合があるので、カードや小銭などの必要最小限のものが入るかどうかも重要です。

あと、外出する際は絶対に鍵を持ち歩くので、鍵が入るかどうかもチェックすべきポイントです。

ベルトの長さ・強度を確認する

中には、かなりのトレーニングを積んで筋肉がついている方を想定して作られた製品も存在するようで、ベルトが長すぎて二の腕につけた状態でもユルユルで運動している間にずり下がって来たりする場合があります。逆もしかりです(ベルトが短すぎて、手首の位置にしかつけられないなど…)。

あと、ベルトの強度が弱い製品も存在するようで、走っている間にずり落ちてきたりすることもあるようです。

ベルトは地味に重要なので、気になる商品のレビューは必ず確認した方が良さそうです。

今回、初めてアームバンドを使った結果、正直デザインは全く気にならず、むしろ機能性の方を重視すべきだと思います。お気に入りのアームバンドを選んでみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です