シェアして頂けると嬉しいです!

Appleに対抗?米Microsoft社、Surface Pro 4がiPad Proを挑発するCMを公開

米Microsoft社(以下、MS社という)は、WindowsのCortanaが、iOSのSiriに対して、自社のSurface Pro 4とiPad Proの違いに関する質問を投げかけるCM「What’s a computer? Just ask Cortana」を公開しています。

iPad Proは「iPadにキーボードがついただけです。Surface Pro 4と同じパソコンですよ。」と自己紹介します。

それに対して、Surface Pro 4が「とすると、あなたはインテルのCore i7のようなプロセッサを搭載しているのですか。」と言ったのに対し、iPad Proは「さっき言ったように、私はキーボードが付いただけです。」と強調。

さらに、Surface Pro 4が「OS Xで使えるアプリケーションはどうしたのですか?」と質問した所、iPad Proは「動かしたくないです。」と返答。

最後に、Surface Pro 4が「トラックパッドがなくて、コネクター用ポートが1つしかないのはなぜ?」と聞くと、iPad Proは「パーティーに必要だとは思えないからです。」と答えています。

このCMは、これらのやり取りの中で、Surface Pro 4の方がパソコンとして優れていることがアピールされています。

スポンサーリンク

AppleのCMに対抗?

このCMは、以前、Apple社がiPad Proの魅力を紹介するCM「iPad Pro – What’s a Computer?」に対抗したものと思われます。

先日、日本語版も公開されました。

9.7inch_new_ipad_pro-announcement_in_apple_special_ivent4

Apple社は今年6月に開催したWWDCにおいて、iPad ProをPCに代わる将来性のあるデバイス(The ultimate PC replacement)として紹介していますが、MS社はiPad Proに搭載されたOSがiOSで、OS Xのアプリケーションが使えないことなどを指摘し、PCに代わるデバイスになるかどうかについては以前から疑問を持っているようです。

結局は好みの問題?

管理人は9.7インチのiPad Proを使っていますが、常にタッチ操作が可能で、Smart Keyboardがコンパクトなので、外出先での活用に良いです。ただ、iOSであることが理由で少々使いづらい部分はあるのも確かです。といっても、これは管理人自身の話ですが、外出先でやることは比較的限られているので、デスクトップPC程の機能まではなくて良いのかなと感じています。

もちろん、Surface Pro 4ではOSがWindowsでOfficeソフトが使用可能であること、キーボードが打ちやすいこと、トラックパッドでの操作が可能であるといった点で、どこでも安心して作業ができるという良さがあると思います。

いずれも素晴らしいデバイスであることに間違いないと思うので、あとは好みの問題ではないかと個人的には考えています(・ω・)

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です