シェアして頂けると嬉しいです!

家具大手IKEAがネット通販事業に参入!2020年までに売上高倍増を目指す

スウェーデンの家具大手IKEAのグループであるイケア・ジャパンは、来年秋にはネット通販事業に参入する方針を明らかにしました。

スポンサーリンク

IKEAの商品を購入できる機会の増加に期待

同社の強みは、スウェーデン特有の北欧的でモダンな印象のデザインの家具を低価格で販売している点ですが、送料の関係で購入した商品を持って帰るという買い方をする利用者が多いようです。

しかも、店舗が存在する場所は駅から遠く車が必要になることが多いことから、行きたいと考えてはいるものの、店舗に出向くまでの手間や費用がネックになっている人もいるようです。


確かに、IKEAの店舗は家具のショールームが充実しているので実店舗に行って購入するメリットが大きい部分がありますが、欲しい家具などの大体のイメージが決まっている人にとっては店舗に出向く時間や費用を節約できる分、ネットで購入するメリットも十分あるでしょう。

同社のネット通販事業への参入により、多くの消費者がIKEAの商品を購入できる機会が増えることが期待されます(`・ω・′  )

2020年までに売上高倍増を目指す

イケア・ジャパンの社長であるヘレン・フォン・ライス氏は、東京オリンピックが開催される2020年までに売上高を倍増する計画を打ち出しており、そのためにはネット通販事業への参入が重要であるとしています。

ネット通販で購入した場合にどれくらいの送料がかかるのかも気になるところですが、消費者とって利用しやすいような料金設定になると良いですね。

ソース:共同通信

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です