シェアして頂けると嬉しいです!

米Microsoft社、今度はSurface Pro 4とMacBook Airを比較するCMを公開

米Microsoft社(以下、MS社という)は、再びApple社に対抗するCMを公開しています。今回のCMでは、MS社のSurface Pro 4が、Apple社のMacBook Airよりもどの点が優れているかについて紹介されています。

具体的には、Surface Pro 4はタッチ操作やペンでの入力作業ができる上に、キーボードも取り外し可能で軽くてコンパクトに利用できる一方、MacBook Airではタッチ操作ができないことや、重いことなどがデメリットとして挙げられています。

スポンサーリンク

コンパクトさと安定感、どっちを重視?

確かに、Surface Pro 4はコンパクトさを重視して作られており、タブレット端末でありながらPCとしても利用することができる優れた端末だと思います。一方、MacBook Airはタブレット端末としては利用できずSurface Pro 4に比べたらコンパクトさに欠けるかもしれませんが、Appleのノートブック製品の中では最もコンパクトでありながら、安定感のある端末として優れていると思います。

管理人は以前Surface3を使っていましたが、単に管理人がPC世代だからなのか、安定感がもうちょっと欲しいな…と思ってしまいました。あと、Surface Pro 4はタブレット端末である以上、SIMスロットがついていればもっと良かったかなと思います。

個人的にはいずれの端末も良い端末だと思っていますが、コンパクトさや安定感いずれを重視するかによって選ぶ端末は変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です