シェアして頂けると嬉しいです!

【ポケモンGO】不正行為に対するアカウント停止措置のルールをアップデート

ポケモンGOを開発・運営するNiantic社は、以前該当するユーザーに対してアカウントの停止措置を行いましたが、その停止措置に関するルールのアップデートを行いました。

理由も分からずにアカウントが停止されたという方は、アカウント停止措置を解除してもらえる可能性があります。

スポンサーリンク

アカウント停止措置により一部混乱

Niantic社によると、どの位置にどのポケモンがいるかをマップ上に表示するツールでは、単にポケモンを表示させるだけではなく、ユーザーが気が付かないうちにデータが収集され、開発者に転送されていることがあったようです。

これにより、ポケモンGOを動かしているサーバーにDDoS攻撃に似た負荷がかかる可能性があったため、そのようなツールを利用していたユーザーのアカウントも停止せざるを得なかったということです。これにより一部ユーザーの間で混乱が生じていたようです。

ちなみに、DDoS攻撃(Distributed Denial of Service Attack)とは、多数のユーザーから大量のリクエストやデータを送信し続けることによって、サービス提供者のサーバーを攻撃し、サービスの正常な動作を阻害することなどです。

どのユーザーが停止措置解除対象なのか

そこで、Niantic社はアカウントの停止措置に関するルールをアップデートし、こういったユーザーに関しては停止措置を解除することにしました。

しかし、以下のように、利用規約に反する行為に該当する場合は引き続き停止措置の対象になるということです。

…利用規約に反する、弊社サーバーからデータを不正取得する第三者のマップツールに関連したアカウントは引き続き停止対象となり、これらの停止措置解除は行いません。アプリを利用して遠隔からポケモンを捕まえること、ポケモンバトル、ジムを自分のチームのものにすること、ポケストップから道具を入手すなどの行為を行ったアカウントも停止措置解除は行いません。

ソース:Niantic

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です