シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone4やMacBook(2008年late版)、iMac(2009年mid版)などの修理サポートが終了

Apple社のiPhone4(CDMA)や2008年late版のMacBookなどの修理サポートが9月13日をもって終了する見通しです。

日本では、以下の製品のサポートが終了予定とのことです。

iPhone 4 CDMA
MacBook(13-inch, Aluminum, Late 2008)
iMac(20-inch, Mid 2009)
Mac mini(Mid 2010)
Mac mini Server(Mid 2010)
iPod shuffle(2nd Generation – Late 2007)
iPod shuffle(2nd generation – late 2008)
iPod class(120GB)
iPod touch(2nd Generation)
iPod nano(4th Generation)

現時点では、Vintage and obsolete productsに追加されていないようですが、9to5Macによると、これらの製品は、Appleスペシャルイベントが開催される9月7日の1週間後に追加されるということです。

スポンサーリンク

ビンテージ/オブソリート製品って何?

ビンテージ製品とは、製造中止から5年以上7年未満の製品のことで、Apple社は一部の例外を除いてビンテージ製品のハードウェアサービス(修理など)を終了しています。オブソリート製品とは、製造中止から7年以上経過した製品のことで、Apple社はこれらの製品のハードウェアサービスも終了しています。こちらに関しては例外なしです。

超人気モデルのiPhone4もついに追加

今のところCDMAだけですが、多くのユーザー、特に熱狂的なAppleファンに長年親しまれてきたiPhone4もついにサポートが終了してしまいます。これからも可能な限り使っていこうと考えていたユーザーの中には残念に思っている方もいるかと思います。

今なら修理サポートを受けることはできるので、壊れた部分がある場合はお早めにAppleに依頼することをオススメします。

ソース:9to5Mac

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です