シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7の4Kビデオが60fpsに対応!?ブラック系はロゴの光沢がなくなるなど

iPhone7に関する新たなリーク情報が出ていますので、今回は、先日まとめたリーク情報以外の新しい情報をお伝えしたいと思います(`・ω・′  )

今回は、iPhone7の4Kビデオも60fpsに対応し、カラーバリエーションにはスペースグレイが廃止される代わりに、ピアノブラックやダークブラックが追加され、ブラック系のロゴの光沢がなくなること、などが明らかになっています。

スポンサーリンク

iPhone7の4Kビデオが60fpsに対応

実際にiPhone7を触ったとする人物によるレポートが公開されており、それによると、iPhone7の4Kビデオが60fpsに対応することが明らかになっています。

fpsとは、1秒間に行われる静止画の書き換え数のことです。動画を表示する際は静止画が何度も書き換えられますが、このfpsが大きければ大きい程、動画の動きが滑らかになっていきます。昔撮影された動画で、人がかなり早く動いている様子を見たことがあるかと思いますが、あの頃はまだ書き換え数が少なかったようです。

iPhone7では、これがiPhone6sの2倍も増えるということになります。肉眼で判別できるレベルかどうかは分かりませんが、カメラ性能のアップは大歓迎ですね。

他にも、レーザーオートフォーカスや光学式手ブレ補正にも対応するという話が出ています。

ストレージは32GB・128GB・256GB

fpsが上がればその分扱うデータ量も増えるので、より多くのストレージ容量が必要となります。これに対応して、16GBと64GBが廃止され、32GB・128GB・256GBというラインナップになるということです。

ブラック系が2色追加

カラーバリエーションは、スペースグレイが廃止される代わりに、ピアノブラックやダークブラックが追加されるということです。ピアノブラックとダークブラックのイメージ画像が公開されており、これを見る限りはかなりオシャレで高級感のある感じに仕上がっていますね。

iphone7_plus-piano_black_by_applearab
引用元:iClarified

iphone7_plus-dark_black_by_applearab
引用元:iClarified

おそらく光沢がある方がピアノブラックだと思います。個人的には、ダークブラックが気になっています(・ω・)

そして、これらブラック系のモデルでは、背面に施されるAppleのロゴの光沢がなくなるということです。ただ、シルバーに関しては、光沢が維持されるということです。

その他の最新リーク情報

ボリュームボタンのくぼみがなくなり、防水に対応したゴム製のSIMトレイになるということです。

あと、ホームボタンはやはり感圧式になるようですが、押す操作も可能になるということです。iPhone8(7s)にかけて徐々に変更していくという感じでしょうか(・ω・)

他にも、おさいふケータイに対応するという噂もあります。

どこまで本当かは不明なところですが、9to5Macは、過去に発売されたiPhoneSEや9.7インチのiPad Proでもほぼ正確な情報を取り上げてきた実績があるので、ある程度の信ぴょう性はあるかと思います。

ソース:9to5Mac

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です