シェアして頂けると嬉しいです!

【iPhone7】液体による損傷は保証対象外!?防水であるがゆえに注意したいこと

Appleのスペシャルイベントで、iPhone7が防水に対応していることが発表されましたが、液体による損傷に関しては保証の対象外になっていることが判明しました。

スポンサーリンク

Apple「IP67規格だから保証もなしね」

Appleの公式サイトのiPhone7のスペックについて書かれているページの注意書きによると、iPhone7/7 Plusは防水レベルの基準を示すIP67規格となっていますが、液体による損傷に関しては保証の対象外であると明言されています。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

引用元:iPhone7 – 仕様

さらに、防水や防塵の性能は使用によって低下する可能性があるとしています。

Apple側としては、「防水対応なんだから、それでも壊しちゃったらもう知りませんよ」ということなのでしょう。iPhone7が防水に対応して喜んでいる方は注意しておきましょう(`・ω・′  )

水回りでのiPhoneの使用に注意

いくら防水だからといって、あまり気を抜き過ぎないほうが良いかと思います。これまで通り、iPhoneは丁寧に使用した方がよいでしょう。

といっても、防水機能があれば、うっかり水たまりや側溝に落としてしまった時でも壊れにくいという意味では安心感はあるかと思います。

管理人はというと、iPhoneをジップロックに入れてお風呂の中でラジオを聴くのがやめられないですね。「防水のラジオ買えよ」と突っ込まれそうですが、こういった行為がきっかけでiPhoneが使えなくなってしまう可能性もあります。管理人のように、お風呂の中でiPhoneを使用している人は意外と多いかと思いますが、ジップロックをしっかり閉めておくなど、しっかり対策しておくことをオススメします(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です