シェアして頂けると嬉しいです!

Twitter、140文字制限を緩和!画像や動画、引用ツイートなどがカウント対象外に

Twitterの制限文字数が緩和され、画像や動画などがカウント対象外になると今年の5月に発表されていましたが、ついにTwitterの制限文字数が緩和され、画像や動画、引用ツイートなどがカウント対象外になっています。


スポンサーリンク

カウント対象外になるコンテンツは?

現時点でカウント対象外となっているコンテンツは以下のものです。

  • 画像
  • 動画
  • GIF画像
  • 引用ツイート
  • 投票

5月の発表では、返信の際に冒頭につく「@ユーザー名」もカウントされなくなるとのことでしたが、現時点ではまだ対応していないようです。(返信以外の場合につく「@ユーザー名」についてはこれまで通りカウント対象です)

あと、URLに関してもこれまで通りカウント対象です。

あくまでも140文字制限は存続される

今回は、あくまでも140文字制限が緩和されるだけで、画像や動画、引用ツイートなどが文字数としてカウントされないものの、カウント対象となる文字に関しては依然140文字制限内に収める必要があります。

例えば、このツイートでは、画像こそカウントされていないものの、文字はカウント対象なので、57文字入力した段階で入力できる文字数は83文字となっています。

twitter-restriction_of_the_number_of_characters-relaxation

制限緩和に歓喜の声も

Twitterユーザーの中には、これまでの140文字制限を窮屈に感じていた方もいるです。

確かに、英文字だとすぐに一杯になってしまいますよね。あとアカウント名も英文字なので、アカウント名が長かったりすると、返信の時も結構大変ですよね。


管理人自身も、画像や動画を添付した時は特にもうちょっと字数がほしいと思うことが多々あったので、緩和については大歓迎ですね。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です