シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7の背面に刻印された「総務省指定」がダサいと話題に 総務省、制度変更も視野に

iPhone7/7 Plusの背面に刻印されている「総務相指定 MIC/KS」の文字について「ダサい」「何てことだ!」などの声がユーザーの間で上がっていますが、総務相の高市早苗氏は、それについて「大変がっかりだ」とコメントした上で、今後「総務相指定 MIC/KS」をiPhoneに刻印せずに済むような制度変更を検討していると発言していることがわかりました。

「総務相指定 MIC/KS」の刻印が気になっていた方には朗報です(°ω°)


スポンサーリンク

Apple製品に漢字で「総務省指定」との表記

iPhone7シリーズから背面に「総務相指定 MIC/KS」と刻印されるようになり、一部のユーザーはこれについて気になっているようです。



ただ、多くのユーザーは新たに追加されたジェットブラックとブラックについての話題で持ちきりだからか、あまり気になっていない様子です。管理人は正直気になっていますが、「どうせ、カバーつけるんだろ笑」と周囲に突っ込まれてしまったくらいです。

確かにそうなのですが、そういう問題じゃない気もするんですよね。

というのも、iPhoneはスマホとしてのスペックが高いとか機能が充実しているというだけでなく、そのデザイン性の高さと高級感から、ファッション小物としての役割も果たしている面もあると思うんです。

これだけ高機能で、しかもたくさんの種類のスマホが出回っている中でも、わざわざ高価なiPhoneが多くのユーザーに選ばれていることがそれを裏付けている気がします。Appleが、銀座のFENDIの隣や表参道などにわざわざ店舗を構えているのは、そういったファッション性とかブランドを意識してのことだと思われます。

以上のことを考慮すると、「総務相指定 MIC/KS」の刻印について何となく違和感を感じているユーザーがいても全くおかしくないでしょう。

なぜ、「総務相指定」の印字が必要なのか?

電波法上、10kHz以上の高周波電流を伴う通信設備を使用する場合は、総務大臣の許可を受ける必要がありますが、iPhoneを専用の読み取り機ににかざして内部のデータを読み取ってもらうためのFeliCaが搭載されたiPhone7/7 Plusは「誘導式読み書き通信設備」に該当するので、総務大臣に型式の指定を受ければ、その許可を受ける必要がないという取り扱いがされています。

こちらが除外規定(電波法施行規則44条2項3号)です。

電波法施行規則
第四十四条  法第百条第一項第一号の規定による許可を要しない通信設備は、次に掲げるものとする。
二  誘導式通信設備(線路に一〇kHz以上の高周波電流を流すことにより発生する誘導電波を使用して通信を行う設備をいう。以下同じ。)であつて、次に掲げるもの
(2) 誘導式読み書き通信設備(一三・五六MHzの周波数の誘導電波を使用して記録媒体の情報を読み書きする設備をいう。以下同じ。)であつて、その設備から三メートルの距離における電界強度が毎メートル五〇〇マイクロボルト以下のもの
(3) 誘導式読み書き通信設備であつて、その型式について総務大臣の指定を受けたもの

2号に該当していれば「総務省指定」の刻印がされなかったのでしょうが、残念ながらiPhone7/7 Plusは該当しなかったようです。

ちなみに、こちらが電波法100条1項1号の規定です。

第百条  左に掲げる設備を設置しようとする者は、当該設備につき、総務大臣の許可を受けなければならない。
一  電線路に十キロヘルツ以上の高周波電流を通ずる電信、電話その他の通信設備(ケーブル搬送設備、平衡二線式裸線搬送設備その他総務省令で定める通信設備を除く。)

総務大臣の型式指定を受けたiPhoneの裏面には、「総務相指定 MIC/KS」をiPhoneの見やすい場所に刻印されてしまいますが、この刻印のおかげでわざわざ個別に許可を得る必要がなくなるわけです。

許可が不要になるという意味ではありがたい制度なのですが、AppleブランドのiPhoneに漢字で「総務相指定 MIC/KS」の文字が印字されていると残念に感じてしまうユーザーもいるようです。

高市総務相「総務省が、制度変更を検討している」

そんな中、飛び込んできたのが、高市早苗総務相によるこの発言。

高市氏によると、総務省が、iPhoneに「総務相指定」の印字をしなくて済むような制度変更を検討しているということです。次期iPhoneではどういった対応がされるのかが楽しみですね(`・ω・′  )

ソース:時事通信 , 総務省

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です