シェアして頂けると嬉しいです!

RAMが3GBだとどれだけ速い?iPhone7/7 Plusの動きを比較する動画が公開される

ベンチマークスコアの調査結果によると、iPhone7のRAMはこれまで通り2GBであるのに対し、iPhone7 Plusには3GBのRAMが搭載されていることが判明していますが、普段の動きにどれだけ差が出てくるのでしょうか。

そんな疑問に答える動画が、9to5Macによって早速公開されています。

スポンサーリンク

結果的には、両者の動きに大きな差はなし

今回のテストでは、既に開いたWebページを順番に表示していき、リフレッシュ作業がされるかどうかが検証されています。元々開いていたWebページでも、メモリ容量が不足してくるとリフレッシュ作業がされることから、リフレッシュ作業が多いほうがメモリ容量が不足している状態になっていることがわかるというわけです。

となると、当然RAMの容量が少ないiPhone7の方がリフレッシュ作業が多くなるはず。Webページを表示する度にいちいちリフレッシュ作業がされる時に感じるストレスを考えると、これは結構気になるテストですよね。

管理人が確認した限り、結果的には、いずれも同じタイミングでリフレッシュ作業がされているので、少なくともWebページの閲覧においては両者の動きに差がないことがわかっています。

既にiPhone7を注文している管理人としては一安心です。ほっ(・ω・)

3GBのRAMはデュアルカメラ搭載のため?

iPhone7 Plusでは新たにデュアルカメラが搭載され、扱うデータ量も増えるためにRAMが3GBにアップデートされたと考えられていますが、そういった重い作業をする際に初めて差が出てくるのかもしれませんね。

というわけで、普段からそういった重い作業をすることがない場合は、特に気にしなくても良いレベルの話のようです(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です