シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7、予約全体の30〜35%がジェットブラック!品薄状態はしばらく続く見通し

Apple製品に関するレポートを度々発表していることで知られている、KGI証券のMing-Chi Kuo氏がiPhone7/7 Plusの状況に関する分析を発表しており、iPhone7/7 Plusでは、ジェットブラックの128GBが特に人気であることが判明しています。

ジェットブラックの歩留まり率は60〜70%と低い水準にとどまっており、しばらく品薄状態が続きそうです。

スポンサーリンク

WW予約の30〜35%がジェットブラック

Ming-Chi Kuo氏のレポートによると、世界全体でされている予約のうち30〜35%がジェットブラックの予約であることが判明しています。中国の場合はさらに高く、中国全体の予約のうち40〜45%がジェットブラックの注文であるということです。

ストレージに関しては、128GBが人気であるということです。これは、ジェットブラックの最小ストレージが128GBであることが影響しているのかもしれませんね。

過去でも、iPhone5sからゴールド、iPhone6s/6s Plusからローズゴールドが追加された際に、新カラーが大人気で発売当初は品薄状態が続くという現象が見られました。

品薄状態しばらく続く?

ジェットブラック特有の光沢感を出すために、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工が施されている分、他のカラーに比べ工程が多く作るのに時間がかかっているようです。

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

引用元:iPhone7 – Apple

同氏のレポートによると、ジェットブラックの歩留まり率は60〜70%と低い水準にとどまっているので、今後もしばらく品薄状態が続きそうです。

ソース:9to5Mac

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です