シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone7と7 Plusのアプリ起動時のスピードを比較する動画が公開!

YoutuberのPhoneBuff氏が、iPhone7とiPhone7 Plusの操作スピードを比較する興味深い動画を公開しています。

iPhone7では従来どおり2GBのRAMが搭載されたものの、iPhone7 Plusでは3GBのRAMが搭載されていますが、Safariで既に開いている複数のWebページを順番に再表示していき、どれだけリフレッシュ作業がされるかが検証された動画では、7と7 Plusに大きな違いがないことが判明しています。

さて、今回はどういう結果になったのでしょうか?

スポンサーリンク

iPhone7 Plusが7に10秒程度リード!

スピードテストでは、ホーム画面上のアプリを上から順番に起動していき、その際のスピードが競われています。テストの際には、アプリの起動が完全に終わってから次のアプリが起動されています。

iphone7_iphone7plus-speed_test_by_phonebuff1

1周目が終わった時点では、7 Plusの方が若干速いものの、両者にほとんど差はありませんでした。

iphone7_iphone7plus-speed_test_by_phonebuff2

ところが、2周目のテストで違いは歴然と現れています。2GBのRAMを搭載したiPhone7の方はRAMの容量が小さい分、1周目と同じくらい起動時間がかかるアプリが存在した一方、3GBのRAMを搭載したiPhone7 Plusの方は1GB分だけ容量が大きい分、1周目に比べてほとんど起動時間がかかっていません。

iphone7_iphone7plus-speed_test_by_phonebuff3

普段の利用で大きな違いは感じられない模様

といっても、今回のテストでは複数のアプリを連続して起動するという内容だったので、それが積み重なって最終的に10秒以上の差が出てしまっていますが、普段アプリを起動して使う中ではコンマ以下の差なので特に気にならないでしょう。

iphone7_iphone7plus-speed_test_by_phonebuff4

ただ、実験としてはかなり興味深いものですね(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です