シェアして頂けると嬉しいです!

これで失敗しない!iPhoneで3D Touchの感度の強さを変更する方法

3D Touchをしようとしたけど、上手くタッチできずに失敗したという経験のあるユーザーは多いでしょう。管理人も、アプリを3D Touchした時に指のあて方が良くなかったのか長押しと認識されてしまったことがあります。

普段ならやり直せば良いだけのことですが、急いでいる時はちょっと焦りますよね。同じような経験をしたことのある方は、3D Touchの感度の強さを変更してみると改善されるかもしれません。

スポンサーリンク

3D Touchの感度の強さを変更する方法

まず、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」をタップします。

iphone-3d_touch-how_to_change_the_strength_of_the_sensitivity1 iphone-3d_touch-how_to_change_the_strength_of_the_sensitivity2

続いて、「3D Touch」をタップして、3D Touchの感度のところで「弱い」「中」「強い」の中から操作しやすい感度を選択すれば完了です。

iphone-3d_touch-how_to_change_the_strength_of_the_sensitivity3 iphone-3d_touch-how_to_change_the_strength_of_the_sensitivity4

ちなみに、初期設定では「中」に設定されています。

管理人が実際に試してみたところ、「強い」「弱い」とでは結構な違いがあります。3D Touchの度に力を加えるのが面倒だという方は「弱い」に、3D Touchしたつもりが長押しと認識されることが多い方は「強い」に設定してみることをオススメします(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です