シェアして頂けると嬉しいです!

iPadはProモデルに統一され、9.7インチモデルが廃止?出荷は2017年春頃を予定

2017年には、12.9インチのiPad Proの新モデルが登場する上、iPad mini 4の代わりに7.9インチのiPad Pro、9.7インチのiPad Proの代わりに10.1インチのiPad Proが登場し、iPadはすべてProモデルに統一される可能性が浮上しています。

スポンサーリンク

新たに7.9/10.1インチモデルが登場

Macお宝鑑定団Blogが信頼できる情報筋から取得した情報によると、2017年には1,200万画素のiSightカメラとTrue Toneフラッシュ、P3に対応したTrue Toneディスプレイなどが搭載される12.9インチのiPad Proの新モデルが登場するということです。

iPad mini 4は、7.9インチのiPad Proに生まれ変わり、現行のProモデル(12.9/9.7インチモデル)に搭載されているSmart Connectorや4基のスピーカーなどが同様に搭載され、iSightカメラやディスプレイは12.9インチの新モデルと同様のものが採用される見通しです。

iPadにも大型化の動きか

さらに、9.7インチのiPad Proに代わって10.1インチのiPad Proも登場する見込みです。9.7インチが廃止される理由は明らかになっていませんが、iPhoneと同じく大型化の動きが出てきているのは確か。

「12.9インチだと大きすぎるし9.7インチだと小さすぎる」といった声がチラホラ出ていることから、ユーザーにとっても悪い話ではないようです。

横置きにしてキーボードを使っていると、確かに画面が小さく感じますね。

キーボードを使うことが多いのであれば、もうちょっと大きい方が良いかもしれません。9.7インチだとキーボードの位置がかなり圧縮されているので、注意してタイプしないとタイプミスが多くなります。

12.9インチの新iPad Pro、7.9インチ/10.1インチのiPad Proは、いずれも2017年春頃には出荷予定ということです。

ソース:Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です