シェアして頂けると嬉しいです!

Twitter買収!決算発表がされる10月27日にも買収交渉の結論をまとめる方針

Twitter社が買収されるのではないかという噂が先月からネット上でささやかれていますが、10月27日にも買収交渉の結論が出され、買収額は200億ドルになる見通しです。

スポンサーリンク

買収交渉は2週間以内に開始予定

今回の買収交渉に関する情報を知る人物によって公開されたレポートによると、Twitter社は、第3四半期の決算を発表する予定である10月27日には買収交渉の結論をまとめる方針であるということです。2周間以内にも、買収交渉が開始されるということです。

どの企業がTwitterを買収するのかが気になるところですが、ウォルト・ディズニーやセールスフォース・ドットコム、Alphabet社が有力視されています。少し前にGoogleやAppleの名前も挙がっていたようですが、現時点では候補には挙がっていないようです。

今回のニュースにより、Twitterの買収について進展があったからか、Twitterの株価は10月5日の朝からかなり上昇しています。

twitter-nyse-stock_price-2016_october_6
(C)Reuters

買収額は200億ドル、日本円にして2兆円になると見られています。

新SNSサービス台頭による不振

Twitter社は、140文字以内の短文を投稿・共有するSNSサービスとして世界各国で利用者を着実に増やしてきた過去がありますが、ここ最近、依然アクティブユーザーの多い日本を除いて、世界各国では不振が続いているようです。

SnapchatやInstagramが急速に利用者数を伸ばしてきていることが、特に影響している模様。Twitterの月間アクティブユーザー数は3億1,300万人と、Instagramの5億人以上を下回っている状況です。また、Snapchatの日間アクティブユーザー数が、Twitterのそれを超えたと今年6月に報道されています。

次々と新サービスが登場しているSNS業界ですが、今後も業界再編が続くのでしょうか。

ソース:9to5Mac, Instagram, CNET

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です