シェアして頂けると嬉しいです!

Galaxy Note 7が米国において機内持込禁止対象に!米運輸省などが発令

Galaxy Note 7が爆発するという事故が続出し、サムスンが同機種の生産と販売を終了していますが、アメリカ国内の飛行機内への持ち込みも禁止されていることが判明しました。

スポンサーリンク

機内への持込は一切禁止!

連邦航空局(FAA)とパイプライン・有害物質安全庁(PHMSA)は、今後、アメリカ国内を飛行するすべての機内にGalaxy Note 7(以下、同機種という)を持ち込むことを禁止することを発表しています。この禁止命令は、10月15日の午後12時に既に発令されています。

これまでは充電も含めて使用不可であったものの、機内へ持ち込むこと自体は禁止されていませんでしたが、今後はたとえ電源が切られていても、機内への持ち込みができなくなります。搭乗時に同機種を持っていることが判明した場合は、搭乗が拒否されるとのこと。

アメリカ合衆国運輸省(DOT)長官のAnthony Foxx氏は、「Galaxy Note 7の持込禁止により、ユーザーの方にはご不便をおかけすることと思いますが、機内の安全が最優先されるべきです」とコメントしています。

無断持込は罰金や刑事告発の対象になりうる

もっとも、機内に搭乗しようとしている人々に対して、個別にGalaxy Note 7を所持しているかどうかを調査することまではしないようで、あくまでもGalaxy Note 7所有者の自発的な協力に委ねているようです。

ただし、DOTの発表によると、もし搭乗後に意図的に同機種を持ち込んでいることが判明した場合は、罰金や刑事告発の対象になる可能性があるとしています。DOTのサイトでは、旅行などで飛行機を利用する際に知っておきたい注意事項が列挙されているので、アメリカへ訪問する予定のある方は予めチェックしておくことをオススメします。

・サムスン製のGalaxy Note 7(以下、同機種)を飛行機に持ち込む場合は、搭乗を拒否させていただきます。

・持ち込みの禁止を避けるために、意図的に同機種を荷物に忍ばせて搭乗することは、大惨事のリスクを高める行為です。今回の禁止に違背した場合は、罰金に加えて刑事告発の対象にもなり得ます。

・現在、同機種を所持して旅行をしている乗客は、直ちにサムスン社かキャリアに問い合わせ、同機種の返却方法や返金もしくは代わりの機種を手配する方法に関する情報を入手しておきましょう。サムスン社は、返金や代わりの機種の手配、キャリアへの問い合わせに関する案内を http://www.samsung.com/us/note7recall/ で公開しています。また、同社は 1-844-365-6197 で質問を受け付けています。

・搭乗手続の際に、航空会社が同機種を所持している乗客を発見した場合は、その乗客が同機種を放棄しなければ、もしくは放棄するまで搭乗を拒否しなければなりません。乗客は、無条件に同機種を手荷物に入れるべきではありません。

・客室乗務員は、飛行中の機内で乗客が同機種を所持しているのを発見した場合は、乗客に対し、飛行中は、同機種の電源を切り充電も含めた一切の使用をせず、突然の衝撃から同機種を保護するように指導しなければなりません。他にも、アラームなどで自動的に電源が入る機能をOFFにすること、同機種を常に手に持っておいて頭上の棚や後ろのポケット、手荷物の中に放置しないようにすることについても同様です。

なお、サムスン社は一連の爆発事故に関する原因を究明中ですが、現時点ではまだ明らかになっていません。

ソース:The Verge

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です