シェアして頂けると嬉しいです!

【ポケモンGO】時速40km以上だとかくれポケモンが出ない仕様に

ポケモンGOでは、時速40km以上で移動しながらプレイ中の場合は、かくれポケモンが表示されない仕様になっていることが判明しました。これにより、移動中の電車や車でのプレイができなくなっています。

ポケモンGO配信開始以来、車の運転中にプレイをするプレイヤーもいるようで、中には事故に合うケースも出てきていることから、Niantic社が安全性のため仕様を変更したものと見られています。

スポンサーリンク

ユーザー離れに拍車がかかる?

時速40km移動中の場合はかくれポケモンが全く表示されないとなると、例えば、車の助手席でプレイ中に捕まえたいポケモンを見つけたので、車を止めてプレイをするといったことがなくなってしまうでしょう。情報元では、ユーザー離れがさらに加速するのではないかと懸念されています。

確かに、徒歩だと行動範囲がかなり制約されてしまうので、せいぜい自宅や職場の近くか駅やバス停周辺が中心になってしまいます。定期的にポケモンの入れ替えが行われるとしても、普段の行動範囲が決まってしまっているユーザーの場合は、日々特定のポケモンにしか出会うことがなくなりそうです。

確かに車を運転しながらのプレイは確かに危険ですが、電車や車の助手席に乗ってプレイする機会がなくなるのではないかと情報元は指摘しています。

楽しさがなくなっていく…本当にこれでいいのか

ポケモンGOが開発された当初からプレイしているユーザーは実感しているかと思いますが、ポケモンGOがブラッシュアップされていくにつれ、使うことができる裏技がどんどんなくなってきています。

ポケモンGOは歩いてプレイすることが前提で開発されたゲームですが、正直、それを徹底するのもどうかと思うところがあります。これはあくまでも個人的な意見ですが、ゲームには、ちょっとだけズルというか、裏技的なことをして他のプレイヤーよりも優位に立てることがあってこそ面白いのではないかと思います。

現実の世界でも「情報は武器である」とか、「知識は力なり」なんて言われたりしますが、それと同じように、ゲームの世界でもある裏技を知っている人と知らない人とで差が出るようなことがあってもいいんじゃないかと思います。

電車や車の助手席などでプレイすることが裏技に当たるかどうかについては意見が分かれるかと思いますが、行動範囲が広ければ広いほど、レアポケモンに会う確率が高くなるのは事実。これを上手く活用してより時間を割けるユーザーと対等に戦ってきたプレイヤーもいるでしょう。特に、時間のないサラリーマンの方の中には、通勤電車でのポケモンGOが楽しみなんて方もいたのではないでしょうか。

ポケモンGOがブラッシュアップされていくにつれ、その楽しさがどんどんなくなってきているような気がします。今回の仕様変更は果たして正解だったのでしょうか。

ソース:Forbes Japan

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です