シェアして頂けると嬉しいです!

クレジットカード一体型のSuicaの場合、SuicaをApple Payに登録できないと判明

iPhone7/7 PlusやApple Watch Series2のOSがアップデートされ、Apple Payに対応していますが、中にはビューカードを利用してiPhoneやApple WatchでSuicaを利用しようと考えている方もいるかと思います。

しかし、クレジットカードと一体となったSuicaを利用している場合は、SuicaのデータをApple Payに登録できずSuicaとして利用できないことが判明しているので注意が必要です。

スポンサーリンク

クレジットカードとしてのみ利用可能

JR東日本が発行しているApple PayでのSuicaご利用ガイドによると、ビューSuicaカードなど、クレジットカードと一体になったタイプのSuicaの場合、SuicaのデータをApple Payに取り込むことはできず、あくまでもクレジットカードとしてのみ利用できるということが書かれています。

jr-apple_pay-suica-guide-frequently_asked_questions

例えば、管理人はビックカメラSuicaカードでオートチャージ機能を利用中ですが、Apple PayにSuicaのデータを登録できないので、クレジットカード機能のみApple Payで利用できることになります。

Suicaアプリで登録して利用できる

JR東日本によると、Suicaアプリでオートチャージ機能の設定をすることができるので、その範囲では活用できそうです。

というわけで、クレジットカード一体型のSuicaをiPhoneでも利用したいと考えている方は、SuicaアプリでSuicaカードの取り込みではなく新規にSuicaカードを発行し、決済方法としてVIEWカードを設定すればSuicaをiPhone上でも利用することができるようになります。設定方法は、後ほど別記事にアップします。

ビューSuicaカードなど、クレジットカード一体型のSuicaを利用中の方はSuicaアプリをダウンロードしておくと良いでしょう(`・ω・′  )

ソース:JR東日本

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です