シェアして頂けると嬉しいです!

iPhone8では3モデル構成となり、1つは有機ELディスプレイが搭載される見通し

来年リリース予定とされるiPhone8(サイクル的にはiPhone7s)は3モデル構成となり、そのモデルの1つは、有機ELディスプレイとデュアルカメラが搭載されたプレミアムモデルとなる見通しです。

スポンサーリンク

3モデル構成で、ディスプレイは4.7/5.5インチ?

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏がiPhone8に関する新たな予測を発表しており、その予測によると、iPhone8では3モデル構成となり、通常のカメラと液晶ディスプレイが搭載された4.7インチモデルデュアルカメラと液晶ディスプレイが搭載された5.5インチモデル有機ELディスプレイとデュアルカメラが搭載されたプレミアムモデルが登場する見通しです。

同氏の以前の予測では、有機ELディスプレイが搭載された全面ガラス製の5.8インチモデルが登場するということでしたが、今回は4.7インチ/5.5インチとしか言及していません。

これまでも4.7インチ・5インチ・5.5インチの3モデル構成になるという予測が出るなど、やはりサイズ面でははっきりしない面があるようです。もしかしたら、ベゼルフリーになるかどうかという点がはっきりしていないだけかもしれませんね。

4日前に出ていたバークレイズのアナリストBlayne Curtis氏らの予測の通り、ベゼルフリーになれば5インチ/5.8インチの構成になる可能性もあります。端末サイズが4.7インチ/5.5インチに維持されつつスクリーンだけ大きくなるのは多くのユーザーにとっては大歓迎でしょうが、それに伴うホームボタンの廃止については意見が別れるところでしょう。

他にも、大画面化されるのはプレミアムモデルだけという予測、VRに対応するといった予測も出ています。

これまでの一連の予測からすると、どうやら「iPhone8では3モデル構成となり、有機ELディスプレイが搭載されたプレミアムモデルが登場する」という可能性はいくらかありそうですね。

といっても、まだまだ色々な予測が出ていてはっきりしないところがあるので、今後も引き続き注目する必要がありそうです(`・ω・′  )

ソース:MacRumors

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です