シェアして頂けると嬉しいです!

Twitterで特定のキーワードや@ユーザー名などを含む通知をミュート可能に 使い方も解説

Twitterがミュート機能の拡張を行っており、特定のキーワードをミュートすることができるようになっています。ミュートできるのは、単語やフレーズにとどまらず、絵文字や@ユーザー名、ハッシュタグまでもミュートすることができます。

Twitterは、特定のキーワードをミュートする方法を紹介しています。iOS版やAndroid版はもちろん、PC版での方法も紹介されているのでチェックしてみて下さい。

例えば、iOS版では、下のメニューバーの「通知」→「twitter-how-to_add_mute_keyword1」→「ミュートするキーワード」→「+ ミュートする単語またはフレーズを追加」をタップして、ミュートしたい単語やフレーズ、@アカウント名などを入力し「保存」をタップすれば追加できます。

twitter-how_to_add_mute_keyword2 twitter-how_to_add_mute_keyword3

スポンサーリンク

あくまでも通知が来ないだけなので注意

ミュートしてもあくまでも通知タブに表示されなかったり、プッシュ通知やショートメール、メール通知で通知されないというだけで、通常のタイムラインや検索結果には表示されてしまいます。

ただ、特定のキーワードをミュートすると、そのキーワードを含む返信や@ツイートに他のユーザーが「いいね」やリツイート、返信、引用ツイートなどをした時の通知も来なくなるので、通知を受け取らなくて済むという意味ではかなりマシになるかと思います(・ω・)

といっても、多くのTwitterユーザーは定期的にタイムラインをチェックするでしょうから、これでは結局不愉快なツイートが目に触れてしまう可能性が高いので不快なキーワードを完全にシャットアウトするのは難しいでしょう。ネットは互いに顔が見えず、実社会よりも心無い暴言が吐かれやすいという特殊性があるので、嫌がらせがきっかけで活動ができなくなるというケースも多いでしょう。

今後、ミュート機能がより拡張されると良いですね。

ソース:Twitter

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です