シェアして頂けると嬉しいです!

【iPhone8】ワイヤレス充電搭載はガラス製への移行がカギ?搭載は一部モデルに限られる見通し

iPhone8ではワイヤレス充電を搭載するためにガラス製となる見通しで、2017年のiPhoneでの搭載は一部のモデルに限られる可能性があるということです。

スポンサーリンク

ガラス製への移行が大きなカギ

MacRumorsが入手したKGI証券のMing-Chi Kuo氏による最新の予測によると、iPhone8(サイクル的にはiPhone7s)ではついにワイヤレス充電が搭載され、そのためのモジュールはPegatronが独占的に供給する見通しであるということです。

メタル製でもワイヤレス充電を実現するための技術の特許は取得済みであるものの、メタル製だと充電速度に制限が生じる可能性があることから、iPhone8がワイヤレス充電に対応するかどうかは、メタル製からガラス製への移行が大きなカギとなっているということです。

また、Kuo氏は、iPhone8シリーズの全モデルにワイヤレス充電が搭載されるという確信を得ていないようで、iPhone8での搭載は一部のモデルに限られる可能性があり、2018年のiPhone(8s?)にはより多くのモデルに搭載されるだろうと予測しています。

他にも、Kuo氏は直近の予測において5.2インチの有機ELディスプレイを搭載したプレミアムモデル(5.1〜5.2インチの範囲がアクティブスクリーン領域となった5.8インチのパネルが搭載される可能性もあり)に加え、液晶ディスプレイを搭載した4.7インチ/5.5インチモデルが登場する可能性があるとしています(全3モデル構成)。

ソース:MacRumors

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です