シェアして頂けると嬉しいです!

【iPhone8】現在有機ELディスプレイ搭載版を含む10種類余りの試作品が検討中

2017年に発売予定と噂されるiPhone8シリーズには、有機ELディスプレイを搭載したモデルが加わると予測されていますが、ウォールストリートジャーナルは、曲面ディスプレイを搭載したiPhoneが来年にも登場するようだと報じています。

スポンサーリンク

現状では10種類余りの試作品が検討中

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、Apple社と取引のある複数のサプライヤーはより薄型の有機ELディスプレイの増産とサムスン電子が採用しているものよりも解像度が高い試作品の提出を求められているということです。現状では、有機ELディスプレイを搭載したモデルも含めて10種類余りもの試作品が検討中であるということです。

現状では試作段階にあるということなので、情報元は、来年のiPhoneには採用されない可能性もあるとしています。有機ELディスプレイモデルが採用されたとしても、コストの関係で他のモデルに比べて価格設定が高くなる可能性もあるということです。

これまで、有機ELディスプレイが搭載されるモデルのディスプレイサイズは5.2インチになるとか、5.8インチになるといった予測が登場しサイズがはっきりしていませんでしたが、試作段階のため正確に定まっていない状況があったのでしょう。

最近はiPhoneの売上が落ち着いてきている中、2017年はiPhone登場から10周年を迎える記念すべき年になることから、Apple社も相当力を入れているようです。10余りの試作品から来年のヒット商品が生み出されることを期待したいですね。

iPhone5sではゴールド、iPhone6s/6s Plusではローズゴールド、iPhone7/7 Plusではジェットブラックと、iPhoneの発売当初は新しいモデルが品薄になることが多いようで、そういったことが売上に影響する可能性もあるでしょう。有機ELパネル不足の問題も出てきているので、来年こそは発売当初に新モデルが品薄となる状況がないように対策していただきたいものですね。

ソース:ウォール・ストリート・ジャーナル

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です