シェアして頂けると嬉しいです!

【iPhone8】4.7インチモデルはワイヤレス充電に対応 プレミアムモデルはデザイン変更も?

KGI証券の予測によると、2017年のiPhoneでは3モデルが登場し、有機ELディスプレイが搭載されたハイエンドモデルに加えて4.7インチのローエンドモデルが登場し、4.7インチモデルは全面ガラス製となりワイヤレス充電に対応する可能性が高いということです。

ハイエンドモデルに関しては、大幅なデザイン変更も行われるようです。

スポンサーリンク

プレミアムモデルもワイヤレス充電に対応?

KGIのレポートでは、ハイエンドモデルについては搭載されるとはっきり明言されていませんが、ローエンドモデルである4.7インチのiPhoneにワイヤレス充電が搭載されるということは、ハイエンドモデルにも搭載される可能性は高そうです。そして、ワイヤレス充電を搭載するには端末をガラス製にすることがカギとなるので、必然的にプレミアムモデルもガラス製になるのでしょう。

以前も、Kuo氏はiPhone8にはワイヤレス充電が搭載され、モジュールはPegatronが独占的に供給するとの予測(前述リンク先参照)を発表していましたが、iPhone8の全モデルに搭載されるかどうかについては確信が持てていなかったようで一部のモデルに限られる可能性があるとしていました。今回のレポートでは4.7インチモデルにも言及しているので、いずれのモデルにも搭載される可能性が出てきたのでしょう。

今回の情報が本当であれば、来年は従来通り液晶ディスプレイを搭載した4.7/5.5インチモデルに加え、有機ELディスプレイが搭載されデザインも一新されたプレミアムモデルが登場し、いずれも全面ガラス製となりワイヤレス充電に対応するということになるのでしょう。

来年はiPhone登場10周年の年ということもあり、来年後半のiPhone売上は1億2,000〜5,000ユニットになるだろうという強気の予測も発表されています。

ソース:9to5Mac

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です