シェアして頂けると嬉しいです!

ZenFone 2 Laserを使っているうちにチリ・ホコリのつきやすさが改善された

ZenFone 2 Laserは使えば使うほど、ボディにホコリがつきづらくなるようです。今回は、購入当時のZenFone 2 Laserと現在のZenFone 2 Laserを比較してみました。

スポンサーリンク

新品のZenFoneはホコリがつきやすかった

購入時に、ZenFone 2 Laserの背面は、滑りにくいゴムのような質感でチリやホコリがつきやすいというデメリットがあるということを書きました。

ZenFone 2 Laserのサイズ・表面の質感・スクリーン・デザインについてレビューする

管理人はチリやホコリがつく度に拭き取ったりしていたのですが、使用を重ねるうちに背面の表面がすべすべしてきてチリやホコリがつかなくなってきました。おそらく、使っているうちに指の油などがつき馴染んできたのではないかと思います。質感も前のようなゴムのような感触ではなく、かなりスベスベしてきて持った時も手によく馴染みます。

新品と比較すると明らかにテカテカ

ちょっと気になって新品と比較してみたところ、気づかないうちにかなりの違いが出ていました。左が新品、右が最近のZenFone 2 Laserです。ちょっと表面がテカテカしているのがわかると思います。

zenfone2_laser-review19 zenfone2_laser-review20

管理人は極度の乾燥肌なので、よくハンドクリームを塗っているからというのもあるかもしれませんが、ハンドクリームが完全に手に馴染んだ状態で使っていたので、通常の使用でも手に馴染むようにはなってくるはずです。

これで、ZenFone 2 Laserのデメリットがなくなりました。

はじめはチリやホコリがつきやすくて気になるかもしれませんが、使っているうちにつかなくなってくるので、あまり気にする必要はないかと思います。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です