シェアして頂けると嬉しいです!

Windows8でスリープモードになるまでの時間を設定する方法

最近、Surface3を購入したばかりで操作を覚えている段階なのですが、今のところMacBook Proと平行して使っているので、Surface3の方の作業を中断している間にすぐにスリープモードになってしまいます。

そこで、今回は操作を中断してからスリープモードになるまでの時間を設定してみました。

スポンサーリンク

電源オプションを開く

まず、Windowsのマークを押しながら「X」キーを押して表示されたメニューから「電源オプション」を選択します。

windows8-sleep_mode1

次に、「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をタップします。

windows8-sleep_mode2

スリープ状態になるまでの時間を選択する

すると、スリープ状態になるまでの時間を選ぶことができます。時間は1分から5時間まで選択でき、スリープモードを適用しないことも可能です。

時間を設定したら「変更の保存」をタップして完了です。

windows8-sleep_mode3

今のところは基本的には自宅で使用しているので、今回はスリープモードを適用しませんでした。作業を中断してもスリープモードにならず、Surface3での操作を再開する時にロックを解除しなくても良くなったので、かなり楽になりました(笑)

以上、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です