シェアして頂けると嬉しいです!

マイナンバーの発送遅延に乗じた「マイナンバー詐欺」が横行

スポンサーリンク

似たような内容のメールや電話を受け取っていませんか?

兵庫県高砂市の男性がマイナンバー詐欺により約50万円もの電子マネーを騙し取られていたことがわかりました。

最近、マイナンバーの発送が遅れているのに伴い、それを利用して高額な手数料を請求するという悪質な詐欺が横行しています。

熊本県警本部がTwitterアカウントでマイナンバー詐欺の手口の事例を公開していますので、もし似たような内容のメールや電話を受け取った方は、絶対にお金を支払わないようにしてください。

また、政府広報オンラインの特集ページにマイナンバー詐欺に関する注意喚起文書も掲載されているので、気になる方はチェックしてみてください。


政府がマイナンバーに関連して料金の支払いを求めることはない

マイナンバーは時期の遅延はあれど待っていれば必ず届くものなので、マイナンバーの発送が遅れているからといって、政府が個々人に対して特別な対応を取ることはないと思います。

まして、マイナンバーに関連して政府が登録料や事務手数料といった料金の支払いを要求することはまずあり得ません。

このマイナンバー制度で国民がやることといえば、マイナンバーが到着した後に希望があれば個人番号カードや電子証明書の発行申請をすることくらいです。もしそれ以外のことでマイナンバーに関連した手続や料金の支払いを要求してきたら、周囲にいる家族や知り合いに相談しましょう。

マイナンバーの発送が遅延していて、個人番号カードや電子証明書の発行を受けたい人はつい焦ってしまうかもしれませんが、そういう時こそ冷静な判断が大切です。

マイナンバー詐欺に関するTwitterの反応をまとめてみました。確かにマイナンバーは開始されたばかりの制度なので、よくわからず騙されてしまうというケースは結構多いかもしれません。


スタートしたばかりの制度を利用して詐欺が横行するのは悲しいことですが、こういった時代だからこそ、自分の情報や財産は自分で守るという姿勢はもちろん、いざというときのために周囲とのつながりを持っておくこともより重要になってきていると感じました。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です