シェアして頂けると嬉しいです!

どのSIMを契約すべき?利用状況に合ったIIJmioの格安SIMを徹底解説!

IIJmioは、ドコモ回線を借りて通信サービスを提供するMVNOの一つです。

IIJmio が提供する格安SIMで900円/月から携帯端末でインターネットを楽しむことができます。IIJmio は、MVNO業界2位の業者で高い信頼性が魅力です。

さらに、利用者が増えてきているにもかかわらず、MVNO業界一の通信速度を維持しているので、多くのユーザーに指示されています。

今回は、IIJmioの格安SIMを比較してみました。

iijmio1
引用元:IIJmio のホームページ

スポンサーリンク

IIJmio が提供する格安SIMの種類

IIJmio が提供する格安SIMは、この3種類です。

  • データ通信専用SIM
  • SMS機能付きSIM
  • 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

利用形態に応じて、この3種類から自分にあったSIMを選ぶことができます。

なお、IIJmioのSIMを契約する場合は、3,000円(税抜)の初期費用がかかります。

データ通信専用SIM

データ通信専用なので、090や080の電話番号を持つことができず、端末の用途は原則としてインターネットの利用に限られます。SMS機能もついていません。

ただ、050プラスやSkypeの電話機能を利用することは可能です。

端末はインターネットのために使用する程度で、メールもGmailやYahooメールをメインで使っている方にはオススメです。また、電話を使いたい方でも、電話用にガラバコス携帯(ガラケー)を別に持っておいて、インターネット用にこのSIMを使うという方法もあります。

なお、LINEを使うためにはSMS機能が必須なので(LINEの本人確認時にSMSを使用するからです)、LINEを使う方はSMS機能付きSIMが良いです。

料金設定はこのようになっており、データ通信利用量に応じてミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランが用意されています。ファミリーシェアプランでは、10GBを家族で分けて使用することになっており、基本的には最大10人まで利用可能です。

  ミニマム ライト ファミシェア
月額料金(税抜) 900円 1,520円 2,560円
SIMカード 1枚 最大10枚
通信量/月 (ハンドルクーポン) 3GB 5GB 10GB
最低利用期間 利用開始日の翌月末日まで

ファミリーシェアプランの場合は、1枚2,000円からSIMカードの追加発行ができます。SMS機能付きSIMや音声通話機能付きSIMでも同様です。

SMS機能付きSIM

LINEを使用する方はこのSIMが必須です。なぜなら、LINEには本人確認が必要で、本人確認のためにはSMSを使う必要があるからです。SMSを追加すると追加料金がかかりますが、その金額は140円/月とかなり少額です。1ヶ月に一度だけ500mlのジュースを我慢するだけだと思えば、安いと思いませんか?

ただし、SMSで国内へ送信する場合は、3〜30円(税抜)/ 回海外へ送信する場合は50〜500円(税抜)/回の追加料金がかかってしまいますので、利用時には注意しましょう。受信は無料です。

このSIMだけでは電話回線を使用することができないので、090や080などの電話番号を持つことはできません。ただ、050プラスを契約したり、LINEやSkypeの電話機能を利用することは可能です。しかし、050Plusだと番号が050の番号に変わってしまい、LINE電話やSkypeの音声電話だと、それぞれLINEやSkypeを使っている人としか無料で通話をすることができません。

このように、050PlusやLINE電話、Skypeの場合は、090や080の番号をもっていないと都合が悪いという方にとって少々不便です。逆にいうと、それさえ気にならなければ、その他の面では通常の電話と遜色なく使用できるはずです。

電話をかけることがほとんどなく、待ち合わせのときやお店の電話予約の時に電話を使う程度であれば、この格安SIMがオススメです。

料金設定はこのようになっています。

  ミニマム ライト ファミシェア
月額料金(税抜) 1,040円 1,660円 2,700円
SIMカード 1枚 最大10枚
通信量/月 (ハンドルクーポン) 3GB 5GB 10GB
最低利用期間 利用開始日の翌月末日まで

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

このSIMを使えば、インターネットやSMSに加え、電話も使用することができます。しかも、番号ポータビリティが適用されるので、現在使用している携帯電話の番号をそのまま使用することができます。

料金設定はこのようになっています。

  ミニマム ライト ファミシェア
月額料金(税抜) 1,600円 2,220円 3,260円
SIMカード 1枚 最大10枚
使用可能データ量/月 (ハンドルクーポン) 3GB 5GB 10GB
最低利用期間 利用開始日の翌月末日まで

この格安SIMを使えば、1,600円/月からMNOと契約した場合と遜色なく利用することができますが、通話の際には、20円/30秒の料金が別途かかってしまうのがデメリットです。

もっとも、以下の場合は通話料金を抑えることができます。

「みおふぉんダイアル」を利用した場合

「みおふぉんダイアル」を利用すれば、通話料金を10円/30秒に押さえることができます。なんと、通話料金を通常の半額に押さえることができます。 使用方法は非常に簡単です。

電話をかける際に、相手の電話番号の前に「0037-691」を入力するか、「みおふぉんダイアルアプリ」で発信するだけです。(「みおふぉんダイアルアプリ」で発信した場合は、相手の電話番号の先頭に「0037-691」が入力されます)

ただ、スマホを使い慣れている場合は、間違えて電話アプリから発信してしまう可能性があるので注意が必要です。

「ファミリー通話割引」を利用した場合

「ファミリー通話割引」を利用すれば、通話料金を16円/30秒に押さえることができます。一定の条件を満たした場合は、「ファミリー通話割引」を利用することができます。

「みおふぉんダイアル」と「ファミリー通話割引」を併用した場合

さらに、みおふぉんダイヤルと「ファミリー通話割引」を併用することができ、これらを併用すれば、通話料金を8円/30秒に押さえることができます。

なんと、通話料金を通常の半額以下に押さえることができます!

ただ、これらの割引を利用した場合でも、かけ放題のように定額で好き放題電話をかけられるわけではありません。

かけ放題プランがある格安SIMについて知りたい方は、「スマホで通話するならこのMVNOがオススメ!MVNOのかけ放題サービスを徹底比較」の記事を参照してみてください。

低速通信でデータ通信利用量を節約!

さらに、IIJmioの場合は高速通信利用時は下り225Mbps/上り50Mbpsの速度が出ますが、その分月々与えられるデータ通信利用量(クーポン)が消費されていきます。

クーポンを節約したい場合は、低速通信に切り替えてクーポンを節約することができます。

低速通信では最大200kbpsになってしまい、実感としてはインターネットがやっとというレベルですが、余ったデータ量は翌月に繰り越すことができるので、データ使用量を節約すればする程、翌月は余裕をもって利用することができます。

ただし、低速通信の利用通信量が3日間で366MBを超えると、速度制限されてしまいますので注意が必要です。

契約の際の注意点

通信規制対象となる場合を知っておこう

3日当たり366MB(メガバイト)のデータ量を使用すると、通信規制対象となるので注意が必要です。適度にクーポンのON/OFF機能を活用して、クーポンの使用量を調節することが重要です。

追加手数料がかかる場合を知っておこう

以下の場合に追加で手数料がかかってきます。

  • SIMカードを再発行する場合
  • SIMカードのサイズを変更する場合
  • SIMカードを交換する場合

SIMカードを紛失したり破損させた場合にはSIMカードを再発行してもらえますが、1枚2,000円は大きいのでSIMカードは気をつけて管理しましょう。

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM・音声通話機能付きSIMのうち、ある種類のSIMから別の種類のSIMへ変更する場合はSIMカードの交換を行います。その場合も2,000円の追加手数料がかかるので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です