シェアして頂けると嬉しいです!

アップルSIMが今までのiPadだと使えないことが判明

スポンサーリンク

アップルSIMが発売

11月17日に発売されたアップルSIMが最近注目を集めていますが、アップルSIMのサービスは海外で手早くデータ通信をしたい人や国内で一時的に通信サービスを受けたい人に向けに開始されました。

詳しくは、「Appleが世界各国でデータ通信を利用できるアップルSIMの販売を日本でも開始」に書いています。

アップルSIMは最新のiPadにのみ対応!?

アップル社のホームページには、アップルSIMはiPad mini2以前には使えないとは明確に書かれていないようですが、アップルSIMがiPad mini2以前には対応しておらず全く使えないと話題になっています。

せめて「のみ」くらい追加してくれって感じですね(苦笑)

  Apple SIMはiPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3に対応しています。 引用元:アップルのApple SIMの紹介ページ

つまり

iPad mini 2以前のiPadを持っていた人は、最新のiPadを買わないとアップルSIMのサービスを受けられないということです!

アップルSIMは海外でのデータ通信をよりスピーディに行うために発売されたにもかかわらず、なんだかiPadを売るために発売されたみたいな感じになっちゃってますね…。アップル社の意図は別にあるのかもしれませんが、少なくともユーザー目線からはそう見えても仕方がないと思います。iPad売れてないってうわさだし。

まぁ、どう考えてもiPhoneでできることをわざわざ高くてデカイiPadでやろうとは思いませんよね。

アップルSIMはアジア圏で使える国が少ない

アップルの公式サイトでは、90カ国以上の国や地域に対応していると書かれており非常によく思えますが…

ちょっと待ったー!!!

どの国が対応しているのかが注目です。

よくよく見てみると、シンガポール、マレーシア、台湾、香港はおろか、お隣の韓国でも使えないとのこと。

これらの国には仕事や観光、買い物などで世界中の人が訪れていることは周知の事実であり、それはアップル社もわかっているはずだと思うのですが、なぜこれらの国をサービスエリアに加えなかったのか疑問ですね。特に、シンガポールとかマレーシアって仕事で行く人多いだろうから、こういう国でこそ使えたら相当便利だろうに(′・ω・`)

管理人の場合は海外へはごくたまに遊びに行く程度で、そういう時に空港や現地のホテルなどで絶対使ってみようと思っていたのですが、これだけ国が限られていると「アップルSIMを使うために行く」とまでしないと機会がないんじゃないかという気がしています。

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です