シェアして頂けると嬉しいです!

入力作業がスムーズに!?これだけは確認しておきたいキーボード設定まとめ

iphone-keyboard6

iPhoneのキーボードには自動大文字入力やスペルチェック、音声入力など便利な機能がありますが、こういった機能を使わない場合は、表示しても意味のないキーボードとなってしまい、かえって入力を間違えたりする原因になってしまいます。

今回は、キーボードで使わない機能をOFFにして、より入力をスムーズにする方法について書きたいと思います。

スポンサーリンク

使わないキーボードを削除する

iPhoneのキーボードには日本語入力や英語入力などが用意されていますが、使わないキーボードがあると、かえってキーボードの切り替えに時間がかかってしまい不便です。

そこで、使わないキーボードを削除してスッキリさせておくと良いと思います。

キーボードの削除は「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」→右上の「編集」をタップして行うことができます。左の赤い丸をタップすると、右側に削除ボタンが出現するので、これをタップすればOKです。

iphone-keyboard_setting1

音声入力をOFFにする

キーボードの切り替えボタンと音声入力のボタンは隣接しているので、左下のキーボードの切り替えボタンをタップする時に間違えて音声入力のボタンを押してしまう事がある人もいると思います。音声入力を使わない場合はこれをOFFしておけば、キーボードの切り替えをスムーズにすることができます。

音声入力をOFFにするためには「設定」→「一般」→「キーボード」をタップして「音声入力」をOFFにすればOKです(ノ)・ω・(ヾ)

iphone-keyboard_setting2 iphone-keyboard_setting3

これで、音声入力ボタンがなくなり、キーボードの切り替えボタンが押しやすくなりました。

iphone-keyboard_setting4

自動大文字入力やピリオドの簡易入力をOFFにする

さらに、自動大文字入力をONになっていると、文頭の英文字が自動的に大文字で入力されたり、ピリオドの簡易入力がONになっていると、空白キーをダブルタップするだけでピリオドと空白が同時に入力できるピリオドの簡易入力があります。

英文を入力し慣れている場合は便利な機能かもしれませんが、特に使わない場合はかえって入力作業が遅くなる原因になるので、これらもOFFにしておきましょう。

iphone-keyboard_setting5

かな入力をフリック入力のみにする

初期設定の状態では英文字やかな文字、数字入力の切り替えが一つのボタンでしかできないようになっていますが、これだと少々不便ですよね。そこで、かな入力をフリック入力のみにしておくと、これらの入力への切り替えが3つのボタンから選択して行えるようになります。

iphone-keyboard_setting6

かな入力をフリック入力のみにするためには、「設定」→「一般」→「キーボード」をタップして、かな入力の「フリック入力のみ」をONにすればOKです。

iphone-keyboard_setting7 iphone-keyboard_setting8

これだけでかなり入力がスムーズになるので、まだ設定していない方は試してみてください(`・ω・′  )

スポンサーリンク

シェアして頂けると嬉しいです!

みるにゅーすをフォローする(・ω・)!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です